« 年越しそばから正月営業、毎年ながら、大きな山だった。ふう。 | トップページ | アイパッドがレジスター。 »

2018年1月28日 (日)

宿では、温泉の温度にも、気を使っているのだね。

年に一回の楽しみといえば、
正月過ぎに休みをいただく時の温泉旅行。
温泉に入って、
ゆっくりする時間がなんともうれしい、、、
なんて、年寄りじみて、
〜〜〜〜いやだねぇ、我ながら。

とはいいながら、
時代のかかった宿を訪れるのが好き。
ということで、
今回行ったのは、
新潟県にある出湯(でゆ)温泉というところ。

私の周りの人に、
出湯温泉に行ってきたと言っても、
その名を、誰一人、知る人がいない。
白鳥で有名な、瓢湖の近くと聞いて、
初めて、場所の想像がつくらしい。
私だって調べるまで知らなかった、
そんなマイナーな温泉地。

でもねえ、
こんな建物がなんとも魅力的で、
私にはうれしいのだ。

1_2

昭和の初めに建てられた建物だそうで、
国の登録文化財に指定されている。
部屋の建具なども、
当時の職人さんの遊び心で溢れている。
建物は古いが、
中はそれなりに手が入れられていて、
快適に過ごすことが出来た。

二泊したが、周りに何もあるわけではない。
折しもの雪で、散歩道も歩けない。
ということで、湯に入ってはゴロ、
食べてはゴロ、という時間を過ごした。
なにしろ、まだ若いご夫婦の、
熱いおもてなしのお陰で、
食事の量が多い。
ほら、朝食だってこのボリューム。

1_1

おかげて、また、
お腹がポテッと。

さて、ご主人のおっしゃることには、
この温泉は、ラジウムを含んでいるので、
蒸気を浴びるといいのだそうだ。

そして、ここの湯の源泉の温度は30度。
そこで、少し加熱して、
かけ流しにしているのだそうだ。
お湯の温度を保つために、
入ってあとには、湯船にフタをしていただきたいとのこと。
なるほど。

そして、ご主人が言うには、
湯の温度を、どのくらいにすればいいのかが、
難しいのだそうだ。

熱い湯が好きな方もいる、
ぬるい湯が好きな方もいる。
いや、それならばいいが、
湯は熱くなければいけない!
とんでもない、ぬるくなくてはいけない!
という人がいて、
困ることがあるそうだ。

季節の気温によっても、
感じ方が変わったりする。
だから、湯の温度には気を使っているそうだ。

そう云えば、
私も、ずいぶん熱い温泉に入ったり、
一時間も入っていられるような、
ぬるい温泉に入ったりしたなあ。
今は、ともすれば、
自分の価値観を押し付ける人も多いから、
そんな湯の温度にも、
気を使わなければいけないのだね。

私は、
熱い湯には熱いなりに、
ぬるい湯にはぬるいなりに楽めるけどね。

で、
来年は、どこの温泉にいこうかな。
などと、考えながら、
この一年を頑張るのだ。トホ。

1_2_2

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 年越しそばから正月営業、毎年ながら、大きな山だった。ふう。 | トップページ | アイパッドがレジスター。 »

コメント

久しぶりに書き込みをいたします。相変わらず、文章がお上手ですね。感心してしまいました。
益々のご活躍を祈念いたします。一度訪ねていきたいとは思っているのですが…中々・・・今年の冬は雪が多くたいへんでしょう。御身お大切にお過ごし下さい。

投稿: そば処 暁山 | 2018年2月 2日 (金) 08時39分

こちらこそご無沙汰をしていてすみません。
コメントをいただき、うれしい限りです。

おかげさまで、元気に過ごしております。
今年の長野は、厳しい寒さに覆われています。その割には雪は少なく、雪かき道具が、暇を持て余しております。今のところですが、まだまだ、わかりませんね。

ブログを書くのも、だいぶサボりがちになっておりますが、よろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2018年2月 2日 (金) 20時49分

わたしも、FBを利用するようになってブログを更新することが少なくなりました。頑張らなけれは・・と思いながら

投稿: そば処 暁山 | 2018年2月 5日 (月) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年越しそばから正月営業、毎年ながら、大きな山だった。ふう。 | トップページ | アイパッドがレジスター。 »