« なんでこんなに元気な高齢者の方がいらっしゃるのだろう。 | トップページ | ただいま、胃のピロリ菌除菌中。 »

2017年3月30日 (木)

入院して、久しぶりにゆっくり。

いやいや、今月は、四日間の入院をした。
といっても、
具合が悪いわけではない。
とにかく安静が必要とのことで、
点滴と、釜を洗った湯のような重湯の食事で、
ベットの上で過ごしていたのだ。

昨年の夏の市民検診で、
大腸がんの発見のための、
便の潜血検査に反応が出てしまった。
店の近くの病院で、
大腸の内視鏡検査を受けると、
なんとまあ、5ミリほどのかわいいポリープが見つかった。

その病院では、切除が出来ないとのことで、
他の病院を紹介された。
最初はある大病院を紹介されたのだが、
あそこは、人が大勢居て、
落ち着かないことは経験済み。
そこで、
前に女将が入院した小さな病院にいくことにしたのだ。

大腸の内視鏡検査は、
ご存知のように、
腸をきれいにするために、
二リットルの下剤を飲まなければならない。
そして頻繁にトイレに通わなければならないのが、
なんともうっとうしい。
しかし、内視鏡を使ったポリープの切除手術そのものは、
それほど痛みも苦痛もなく、
結構簡単に終わってしまった。

手術中、腸が動くというので、
モニターが見えない方向に向けられてしまったのが残念。
でも、あとで写真で見せていただいた。
切ったあとは、
洗濯ばさみのような3つのクリップで、
出血しないように留められていた。
ずいぶん細かい作業なのだね。

私のポリープは、
キノコ型ではなく、富士山型なので、
後で、出血しやすいとのこと。
だから、
ベットの上でひたすら安静に努めていた。
もっとも、動けないように、
ずっと点滴をされていたが。

お陰で、
久しぶりの読書三昧。
持っていった電子ブックで、
藤沢周平と司馬遼太郎。
あっという間に、四日間が過ぎてしまった。
もう何日間か、入院していたかったなあ。
何しろ、
こんなことでもないと、
ゆっくりと本を読む時間もないのだ。

大腸に出来たポリープといわれる突起は、
放おって置くと、ガンになる可能性が高いと言われている。
だから、内視鏡で取り除けるうちに、
手術をしておいたほうが良いのだね。
その方が、腹を切るよりは、
体の負担が軽くて済む。
ちなみに私のポリープは、
癌になるタイプではなく、
単なる出来物だったと、
あとの検査でわかった。

大腸がんは、早めに発見されれば、
それほど大事にならない。
女将も、もう十年近く前に見つかり、
腹を切って取り除いた。
よいことか、悪いことか知らないが、
いまだにピンピンしている。

とはいえ、
不幸な話もずいぶん聞いている。
毎年、りんごを送っている遠方の友人は、
大腸がんでなくなったと、
その妹さんから突然の電話を頂いた。
私より、十歳ぐらい若かったのに。
あるそば屋さんの奥さんは、
体調が悪かったのに我慢をして、
気がついたときには手遅れだったのだそうだ。

検査は、たしかに抵抗のある方もいるかもしれないが、
ぜひ、受けたほうが良いだろう。
病気になって苦しむのは、
本人ではない。
実は、本人の周りの人達なのだから。

入院三日目にして、
やっと、ご飯粒の見えるおかゆの食事になった。
食べ物と腸の関係、
不思議だなぁ。

 

1

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« なんでこんなに元気な高齢者の方がいらっしゃるのだろう。 | トップページ | ただいま、胃のピロリ菌除菌中。 »

コメント

 それは大変でしたね。しかし、大事にならなくて何よりで、病院で我慢されたことも甲斐がありました。ひたすら安静他無き由、これからも定期的に検査してお大事にお過ごし下さい。
 善光寺には偶に行くのですが、まだ貴店にはお寄りしておりません。何れ機会を見つけて腕前を拝見したいと思っています。それまでお元気で。

投稿: リブラ | 2017年4月 3日 (月) 10時29分

リブラ さん、こんにちは。
いつもご心配をいただき、ありがとうございます。
皆様にご心配を頂きましたが、私としては、久しぶりにゆっくりとできて良かったです。
元気にそばを打ち続けるために、体を大切にしていきたいと思っています。

投稿: かんだた | 2017年4月 4日 (火) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんでこんなに元気な高齢者の方がいらっしゃるのだろう。 | トップページ | ただいま、胃のピロリ菌除菌中。 »