« 気をつけなければいけない経年劣化、、、あれっ、私のことかなあ。 | トップページ | 恋の行方は「そば屋の荷物」。 »

2016年4月 4日 (月)

あれ、売り切れちゃった「桜エビ切り」

先日は、つい体調を崩し、
三日ほどお休みをいただいた。
暖かくなって、気が緩んだせいかもしれないなあ。
ご迷惑をおかけして、
まことに申し訳ございません。

先月の変わりそばの日は、
春を感じさせる海の香りということで、
「桜エビ切り」を作らせていただいた。
変わりそばは、白い更科そばに、
季節の食材を加えて、
楽しんでみようという、遊び心のそば。
思ったより「桜エビ」は、
皆さんの好感度が高く、
あれよ、、、、と言ううちに売り切れてしまった。

使った桜エビは、
もちろん国産、、、、と思ったけれど、
昨年は不漁で値が上がってしまって、
やむなく台湾産です。
着色料や添加剤は無添加のもの。

Photo
このエビを、電子レンジを使って、
さらに、カラカラになるまで乾燥させ、
ミルにかけて粉にする。
それを細かい網でふるう。
目やひげや、皮の部分が残るので、
フルイを通すと、かなり量が減ってしまうが、
なめらかなそばを作るために必要な作業。

そこで出来た粉を、
熱湯で回した更科粉に混ぜる。

Photo_2
あとはいつもの更科を打つのと同じ作業だが、
エビの粉自体には、そば粉と仲良くしようなんて気持ちはないから、
ばらばらになりやすい。
そこをなだめながら、注意して生地を伸ばしていく。
なにやら、甘い香りが立ってきて、
大きなエビせんべいを作っているような気がしたりする。

Photo_3
そうして、
なんとか、薄い生地に伸ばしていく。
この時の生地の扱いが難しいから、
難度の高い変わりそばと言われるのだろう。

それでも無事に、
切り分けて、そば生地が完成。

Photo_4
この日はたまたま、女性のお客様が多かったのだが、
いつもだったら、敬遠されがちな変わりそばも、
すんなりとオーダーが通ってくる。
皆さん、エビはお好きなご様子。
ありがとうございました。

Photo_5

ということで、
これに懲りず、今月は(24日)「さくら切り」の予定。
桜の葉を打ち込んだ、香り高いそばです。
これは難しくはないけれど、
作るのに手間がかかるのだよねえ。

でも、
そんな季節の遊び心。
そばには、そんな楽しみもあることを、
知っていただきたいなあ。


→→→人気blogランキング

 

 

 



 

 

|

« 気をつけなければいけない経年劣化、、、あれっ、私のことかなあ。 | トップページ | 恋の行方は「そば屋の荷物」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気をつけなければいけない経年劣化、、、あれっ、私のことかなあ。 | トップページ | 恋の行方は「そば屋の荷物」。 »