« 恋の行方は「そば屋の荷物」。 | トップページ | 私は「十割」より「二八」が食べたいなあ。 »

2016年4月25日 (月)

そばの味を見るのなら、十割よりも二八。

そばの業界には、私のようなそば屋ばかりではなく、
様々な人、業態の人が関わっている。
そば粉を作る製粉屋さんだったり、
乾麺などを作る製麺屋さんだったり、
玄そばを管理する問屋さんだったり、
製粉の機械を作る会社の人だったり、
とにかく、様々な人の手を経て、そばは出回っている。

そういう、なかなか表にはでないが、
いわゆるそば業界関係者の方々には、
ものすごく熱心な方々がいらして、
幅広く、そばを食べ歩いたり、
試したりされている。

私なんぞ、自分で打つそばのことだけで、
偉そうなことを言っているが、
そういう方々の知識と経験には、
とうてい及ばないと思うことがある。

ただ、旨い不味いではなく、
実に客観的にそばを分析しているのだね。

知っている製粉屋さんにはそば打ち場があって、
こまめにそばを作って試しているし、
乾麺屋さんなのに
社員でそば打ちコンクールをしている会社がある。
そばを挽く石臼を作る会社の人も、
いくら物理的にいいそば粉を作っても、
実際にそばにして、食べて見ないと、わからないと言っている。

そんな業界の人達がよく言うのは、
そばの味を見るのには、
二八で打たれたそばがいい、とのこと。

あれ、
そば粉の味を見るのなら十割じゃないの、
と思ったら、
これがちがうのだよねえ。

どうして、
そばの味に厳しい業界関係の人達が、
十割ではなく二八というのだろう。

そばは十割でなければ、
と言うお客様もいる。
二八よりも、十割のほうが、
何か、「偉い」気がしてしまう。

でも、本当は、そばの味を見るには、
二八のほうがいいのだね。
いや、そば粉の質を見るには、、、
といったほうがいいのかなあ。

なんて話はまた今度。
世の中これからゴールデンウィークに入ってしまうので、
今度、、、がいつになるか、、すみません。

先日行った松代で見たハナモモです。
一本に、赤と白の花が混ざっている珍しい木ということで。


Photo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 


 

|

« 恋の行方は「そば屋の荷物」。 | トップページ | 私は「十割」より「二八」が食べたいなあ。 »

コメント

本日伺っておそばをいただきました。大変丁寧な蕎麦でとってもおいしかったです。塩で食べると麺がおいしいですがつゆと合わせることで一層豊かな味わいでした。信州でおいしい江戸前蕎麦は何軒か経験がありますが、おいしい信州そばはなかなか見当たりません。

投稿: | 2016年6月10日 (金) 00時36分

ご来店いただき、ありがとうございます。
今は「信州そば」という定義が、難しくなっていますね。それにこだわらず、長野のそばを楽しんでいただければ、うれしいと思います。

投稿: かんだた | 2016年6月10日 (金) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋の行方は「そば屋の荷物」。 | トップページ | 私は「十割」より「二八」が食べたいなあ。 »