« 最高級の昆布を使っても、そば自体はおいしくならない。 | トップページ | あれ、売り切れちゃった「桜エビ切り」 »

2016年3月14日 (月)

気をつけなければいけない経年劣化、、、あれっ、私のことかなあ。

休みの日に、ある中華料理店に入った。
ここは開店して5年ほど経つ店だ。
ご主人は、ある、高級店で修行した方で、
気楽な値段で、そんな料理が楽しめるので、
開店直後から、人気のあった店だ。

ところが、久しぶりに店の中に入ると、
何か、以前と違う気がした。
奥の席に座ると、どこからか、スエた臭いが漂っている。
メニューは変わらないのだが、
メニューブックは、だいぶよれよれになっている。
壁のビールのポスターは、
カドがめくり上がっている。
壁に這わせた、プラスチック製の植物の葉は、
前は鮮やかな緑色だったのに、
今は、褐色に見える。
天井には、エアコンの吹き出し口に黒い筋が。
手をテーブルに置けば、なにやらベトッとする。

相変わらず、店は忙しそうだが、
以前に比べれば、少しさびしいなあ。
そういえば、店員さんも少なくなっている。

さて話は変わって、
もう三十年以上もやっている焼き鳥屋さん。
昔はたまに来たこともあるけれど、
機会があって、十ん年ぶりに入ってみた。
以前と変わらない佇まい。
使いこなされた木のカウンターに、
そこから見える格子の戸棚。
どれも綺麗に磨かれている。

メニューボードも昔のままだけれども、
きちんと、新しい板で書き直されている。
人のことは言えないけれど、
それなりの歳を重ねて来たマスターも、
シャキッと、お客様を迎える姿勢が感じられるね。

食べ物屋は、
長く続けてこそ、
人の記憶に残り、そして、支えられて行く。
でも、
その店の風化は意外と速いのだ。
いや、店の雰囲気というか、
様々なものが、
あっという間に、時間に取り残されてしまうのだ。

料理の方に気を取られてばかりいれば、
そういうことを見逃すことになるのだね。
最初はキレイで居心地がいい店も、
放っておけば、そうではなくなっていく。
そういうものに、
お金と時間をかけていくことも、
料理をつくることと同じように大切なことなんだね。

などと言いながら、
我が店を見れば問題ばかり。
カウンターの電球は、天井から外れてぶら下がっているし、
その椅子も、ギシギシ言うし、
そろそろメニューブックも、キレイにしたいし、
座布団の丸洗いもしなければ、、、。
と思いながらも、なかなか進まない。

何しろ、一番問題なのは、
十年前の写真を、
堂々と掲げていることだね。
誰、この人、、、、と言われそう。
この人の経年劣化のほうが、
よっぽど著しい、、、、かもね。


 

Photo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 



 

 

|

« 最高級の昆布を使っても、そば自体はおいしくならない。 | トップページ | あれ、売り切れちゃった「桜エビ切り」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高級の昆布を使っても、そば自体はおいしくならない。 | トップページ | あれ、売り切れちゃった「桜エビ切り」 »