« 真田幸村と、兄、信之の会った場所は、、、。 | トップページ | 最高級の昆布を使っても、そば自体はおいしくならない。 »

2016年2月29日 (月)

不味そうに食べる人、おいしそうに食べる人。

そばの食べ方って、いろいろあるんだな、、、
と、思うことがある。
前の店から重ねてみると、
もう二十年以上も、カウンター越しに、
たくさんの方のそばを食べる姿を見てきている。
同じ「せいろそば」を食べるにしても、
人にはずいぶんと癖があるものなのだね。

たとえば、
かんだたでは、
そば徳利からそば猪口に、
お客様が注ぐようにしていただいている。
その徳利から猪口に、
そば汁を注ぐ姿も、百人百様。

無造作に、ぱっと全部注いでしまう人もいれば、
注意深く、少しだけ入れて止める人もいる。
注ぐ時に、首が傾いていくお客様がいる。
首だけでなく、カラダ全体が傾いていくお客様もいらっしゃる。
見ている私も、一緒に傾いたりして、、。

たかが汁を注ぐだけでも、
そんな癖がある。
そして、たかが、
せいろに盛られたそばを食べるだけでも、
ずいぶんと、違った癖を、
大抵の人はお持ちのようだ。

たしかに見ていて、
変わっているなと思ったり、
面白いなと思ったりすることもある。
でも、それをあげつらって、
どうのこうの言うつもりはない。
その人だって、普通に召し上がっているのだ。
その人なりに、おいしくそばを召し上がっていただければいいのだ。

ちょっと、小難しく、
そばはこう食べるべきだ、、、
などという人もいるけどね。

人の癖というのは、なかなか直せないものだという。

そばを食べるとき、
眉間にしわを寄せて召し上がる方が時々いらっしゃる
いや、きっとそばだけでなく、
いつもの食事でもそうなのだろう。
なにか見ていると、
口にあわないのではないかと、心配になってくる。
でも、それもその人の食べ方なのだね。

そうかと思うと、
そばが出ると、ニコッとして、
嬉しそうに箸を動かす方もいらっしゃる。
この人は、そばが好きな人なのだろうなあ、
と、嬉しい気持ちになる。

でもねえ、
しかめっ面で食べる人だって、
本当はそばが好きだったりする。
ニコニコして食べる人だって、
心では物足りなく思っているかもしれない。

そばの食べ方は人それぞれ。
でも、
できれば、おいしそうに食べて頂くほうが、
私としてはうれしいのだが。

京都の伏見稲荷で入ったうどん屋さん。
観光地としては良心的な値段と味。
私も、おいしそうに食べたかなあ、、、
自分の食べる姿って、
あっ、解らないね。
せめて、おいしそうに食べるように心がけよう。

Photo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 


 

 

 

 

|

« 真田幸村と、兄、信之の会った場所は、、、。 | トップページ | 最高級の昆布を使っても、そば自体はおいしくならない。 »

コメント

料理だけでなく、誰と食べるかでも変わってきますよね。
楽しく食べる、心がけたいです。
応援しておきました。ポチッ

投稿: 矢田@医療職兼業トレーダー | 2016年3月 3日 (木) 19時30分

矢田@医療職兼業トレーダー さん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
そうですね。相手によっても変わるかもしれません。
楽しく食べられるような、雰囲気にすることも、大切ですね。

投稿: かんだた | 2016年3月 4日 (金) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真田幸村と、兄、信之の会った場所は、、、。 | トップページ | 最高級の昆布を使っても、そば自体はおいしくならない。 »