« 今年のそばの価格が、、、沸騰している、、! | トップページ | 観光客であふれる金沢! »

2015年10月 5日 (月)

きれいなそばを打つためにサーキットトレーニング。

マラソンの金メダリストの高橋尚子さんが、
ラジオの番組で話していたが、
マラソンランナーも、筋力トレーニングをするのだそうだ。
走るための足の筋肉を鍛えるのかと思ったら、
主に、体幹の筋肉、
つまり、腹筋や背筋といったような筋肉のトレーニングをするという。

そうすることによって、
走る姿勢が良くなり、走るスピードが増すという。
脚は走ることによって鍛えられるが、
体幹の筋肉は、意識して鍛えないといけないらしい。

さて、
何年も前から、右足のしびれを感じている私。
医者に言わせると、脊柱管狭窄症(きょうさくしょう)の初期段階らしい。
もっとひどくなって、長い距離を歩けなくなったら、
手術をしてあげるからいらっしゃい、
と、医者は手ぐすね引いて待っている。

そうは、させてなるものかと、
ささやかな抵抗をしているところなのだ。
医者に勧められたコルセットは使わず、
自前の筋肉で、コルセット代わりにしようと、
腹筋運動とストレッチに、
励んでいた。
いや、まあ、
気持ちだけは励んでいたのだ。

しかし、なかなか、脚のしびれは取れない。
そこでこの春から、
自分なりに考えたメニューを組み立てて、
サーキットトレーニングなるものを始めた。
主に下半身を中心としたトレーニングだ。

例えばスクワット、腕立て伏せ、シットアップ(腹筋運動)、
様々な方法のレッグレイズ、ふくらはぎの運動などだ。
若い時に、スポーツ指導の仕事をしたこともあるので、
昔の知識を掘り起こしながら、トレーニングを始めた。

サーキットトレーニングは、
一つの運動から、次の運動へと、休みなく続ける、
練習方法だ。
だから、筋力とともに、心肺機能の強化ともなるらしい。
その分、それぞれの運動の負荷を、軽めのものにしてある。
筋力をつけるのであれば、
強い負荷をかける運動をすべきであるが、
そんなことをすれば、、、

三日坊主、、、、になることは、
何しろ意思の弱い私のことだから、目に見えている。

ということで、一巡りの運動の時間が8分弱。
これを毎日3セットずつやればいいのだが、
まあ、それだけの時間が取れない、、、
との理由で、
1セットだけの日も多い。
時々2セット。
3セットの日はまれ、、、、、、。

でも、
とにかく、毎日では無いにしろ、
半年近く続いていることは確かだ。

変化といえば、
なにやら、身体が少しは引き締まったような気がする。
気まぐれな体重計で計る体脂肪率は、
一%強下がっている。
そして、足のしびれを感じる日が、
少なくなっていることも事実だ。

先日も北アルプスの唐松岳に、
一泊で登ってきたが、
一緒に行った誰かさんは、
二日ぐらい経つと脚が痛いと頻りに言っていたが、
私はそんなこともなく過ごせた。

60も過ぎると、
意識して筋肉を鍛えていかないといけないようだ。
特に、体幹を支える筋肉を、しっかりと保つようにしなければ。

実は、そばを打つ時も、
そのことを感じている。
そばをこねる時の手の感覚をつかむとき、
そばを伸ばす時に、麺棒の転がり方で生地の厚さを知るとき、
そして、包丁でそばを切るとき、
しっかりとした姿勢が保てなければ、
いくら腕や指が働いてもダメなのだ。
特に「切り」では、身体の安定性が大切。
腕の力ばかりで切ると、麺線が荒くなってしまう。

そば打ちは、腕の力を使うけれど、
それだけでは、身体の幹の筋肉は鍛えられない。
マラソンランナーが、腹筋背筋のトレーニングをするように、
日々、意識して鍛えなければね。

唐松岳の登山道から見えた五竜岳。
こういう山にも、充分に登れるような体力、筋力を保っていきたいなぁ。


Photo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 今年のそばの価格が、、、沸騰している、、! | トップページ | 観光客であふれる金沢! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のそばの価格が、、、沸騰している、、! | トップページ | 観光客であふれる金沢! »