« 観光客であふれる金沢! | トップページ | 本物のかつお節の出汁の味を知っていますか? »

2015年10月30日 (金)

食べ物屋は一日14時間労働。

近くに、おいしい、
それでいて、とても繊細な和菓子を作っている店がある。
まだ若い女性が一人でやっているのだが、
季節に合わせた、遊び心のある店だ。
でも、全て手作りのために、
作れるお菓子の数は限られてしまう。

時々手伝いに来るお母さんが、
働き詰めの娘さんを案じている。
「仕込みがたくさんあって、
一日に14時間も働いているのよ。」って。

あるワインバーのご主人も、
なかなかの凝り性だ。
たくさんの料理をキレイに盛り合わせたアンティパスト(前菜)は、
いつも目と舌を楽しませてくれる。
でも、これだけの料理をつくるのは大変だろうなあ、
と思っていたら、その彼女が言っていた。
「食事を取る時間もなく働いているのよ。
一日14時間以上仕事しているのではないかしら。」って。

スーパーのテナントに入っている、
持ち帰り用の弁当屋のご主人も言っていたな。
「我々のような商売は、一日14時間は働かないとね。
寝る前の一本のビールだけが楽しみさ。」

ふ〜ん、
みんな一日14時間も働いているのだね。
14時間ということは、
朝の七時から仕事をして、
まあ、途中に食事などをするから、
一時間は差し引いたとして、
夜の十時まで働くことになる。
朝の七時から夜の十時まで、、、、
何だ、私だって、当たり前じゃないか。

食べ物の仕事は、
細かいことで、積み重ねていかなければならない仕事が多い。
しかも、ただ同じことの繰り返しではなく、
その時々の材料や、暑い寒いなどの環境によっても、
それに対応していかなければならない仕事だ。
特に、自分でやっていると、
もっと、こうしたい、ああしたい、という欲が生まれてくる。
より良い仕事をしようと思えば思うほど、
働く時間は増えていくのだ。

でもね、
それを苦にせずにできるのは、
やはり、自分で経営しているからだろう。
同じことを、他人にやれ!と言ったら、
三日もしないで逃げ出すことだろうなあ。

と、長々書いたのは、
実は、ブログの更新が、なかなか出来ないことの言い訳。
食べ物関係で働く皆さん。
身体に気をつけて頑張りましょうね。

時間があれば、
映画も見たいし、本も読みたいし、欠伸もしたい。
我が家の荒れ放題の庭に、
雑草のごとく咲いているフジバカマの花にやって来る、
こんなチョウチョも眺めていたい。
調べてみたら、ツマグロヒョウモンのメスですね。
二十枚撮って、ピントが合ったのはこの一枚だけ。

Photo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 観光客であふれる金沢! | トップページ | 本物のかつお節の出汁の味を知っていますか? »

コメント

1日14時間ですか。
その御苦労の御蔭様。
有り難いです。
9月に下の息子家族6人と北京旅して下の息子にとっては30年ぶりの老北京たちとの再会が出来ました。昔のエピソードを聞いた息子のかみさんと4人の孫娘は改めて夫を、父を見直していたようでした。
先月はマッコッルリ飲みにいつもの独り旅、ソウルに行って来ました。
過ぎたるかみさんと一緒の旅では決して味わえない酒場の付き合いを十分に楽しんで来ました。
今月は、運良ければ16日の昼にお邪魔出来るかも知れないので予定通りに盛岡-秋田-長野と飲み回りたいと願っています。
上手く辿り着けましたら宜しくお願いいたします。
どうかお元気で。16日中午見!

投稿: 島村誠 | 2015年11月 7日 (土) 21時02分

島村誠 さん、こんにちは。
ありがとうございます。
相変わらず、よい旅を楽しんでおられますね。
またお寄りいただけるとのこと。
お待ちしております。

投稿: かんだた | 2015年11月 8日 (日) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観光客であふれる金沢! | トップページ | 本物のかつお節の出汁の味を知っていますか? »