« 卵の味は、本来の淡白なものだけれど。 | トップページ | きれいなそばを打つためにサーキットトレーニング。 »

2015年9月24日 (木)

今年のそばの価格が、、、沸騰している、、!

秋も深まり、いよいよ、新そばの便りが聞かれる頃だ。
まずは、北海道産の新そばが、出まわるのだが、
今年は、大きな災害もなく、
順調に収穫されていると聞く。
何しろ、昨年は、
全国的にそばの出来が悪く、
国産そばの相場が、ぐっと上がってしまったのだ。

今年はそんなこともなく、
安定した値段で取引されるのだろうなあ、、、
と思っていたら、そばの業界では、
とんでもないことが起こっているようだ。

北海道産の新そばの相場が、
取引している粉屋さんの話では、
えっ、、、、、、、、、、
と言ったきり、言葉が出ないぐらい上がっているという。

かくして、私のところに来る予定の新そばの値段も、
あっ、、、、、、、、、
といったまま口がふさがらない状態になってしまった。

今年のほうが、そばの出来がいいはずだ。
なのに、
どうして、
こんなに値段が上がるのだろう。

話を聞くと、
なんと、大手の食品会社が、
国産のそばを、買い集めているというのだ。
それで、相場が、ぐぐぐぐぐ〜ぅと、上がってしまったらしい。

国産のそばの生産量は、せいぜい三万トンから四万トン。
年によって変動が大きいが、
主に使われるのは、私のような手打ちをしているそば屋だ。
ほかの多くのそば屋、
あるいは、大量に使われる乾麺などの加工業者は、
国産に比べて、はるかに、はるかに安い、
中国産、あるいは、北米産のそば粉を使っていたのだ。

そんな大手業者が、
なんと、割高な国産そばの世界に手を伸ばしてきたらしい。
もともと大きな市場ではないから、
そんな大手が買い付けをすれば、
いかに豊作だといえど、あっという間に玄そばがなくなってしまうのだ。

これには、様々な原因もあるようだ。

今まで、とにかく安くて安定的に輸入されてきた、
中国産の玄そば、あるいはむき身の値段が、
安くはなくなっていることだ。
調べてみると、
中国産の玄そばの価格は、この十年間で三倍以上になっている。

経済発展の著しい中国では、
そばよりも、より、換金性のいい作物への転換が進んでいるというし、
ここのところの円安で、さらに、価格が上昇しているという。
ならば、イメージのいい国産そば粉を使った製品を、
作ってみるというのだろうか。

そばの価格が上がることは、
確かに、そば屋にとっては苦しいが、
日本のそば全体から見れば、けっして悪いことではない。
そばの農家にとっては、やりがいが出るし、
新たにそばを作る人も増えていくことだろう。
ただ、その消費が、大手の食品会社に頼っているとすると、
はなはだ危ないものがある。
もし、その会社が、国産そば粉を使うことを止めれば、
価格が暴落し、
困るのはその農家なのだ。

いま商社では、
中国以外のそばの輸入先を探しているという。
北米産は、ほぼ、契約栽培なので、
急には量を増やせない事情もあるようだ。
噂では、あくまでも噂だが、
インドとかブラジル、ミャンマーなどという国の名前を聞く。
ロシアや東欧諸国も、そばを多く栽培しているので、
そちらからの道も探っているらしい。

でもねえ、
周りを見渡せば、山ばかり見える長野。
山沿いには、空いている農地がたくさん見受けられる。
そんな外国からそばを持ってくるよりも、
そのような土地で、
少しでも多くのそばを栽培してもらうわけには行かないのだろうか。
山間部の畑ので作るそばに、
もっと補助金を出せば、
きっと頑張る人もいるだろうに。
昔のように、
見上げると、山一面に蕎麦の花が咲くようになるのに。

どこかの遠い国へ、
武器を持った人を送るより、
よっぽど、国が豊かになるような気がしている。

先週登った唐松岳では、もうナナカマドが紅葉していた。後ろは白馬岳。

Nanakamado

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

 

 

|

« 卵の味は、本来の淡白なものだけれど。 | トップページ | きれいなそばを打つためにサーキットトレーニング。 »

コメント

 誠にごもっとも。蕎麦を投機にしているとしか思えないね。安定供給あっての安定消費。それが崩れると、鰻の二の舞。一度引いてしまうと、二度と戻らぬ恐れも。
 やはり当面契約栽培しかないのでは。蕎麦屋連合と、長野の栽培農家とで契約。しかし、市場で買い占めが起こると投機に走るから難しいかも。米相場と同じだ。余り市場を自由にすると、資本主義に走る。(憤)

投稿: 蕎麦好き | 2015年9月26日 (土) 10時49分

蕎麦好き さん、こんにちは。

国産の蕎麦は天候の影響を受けやすく、
もともと、不安定な相場でしたが、
このような原因で値が上がるとは思いませんでした。

今まで、安い外国産に頼って儲けていた食品業界の在り方が、大きく変わるかもしれませんね。

投稿: かんだた | 2015年9月27日 (日) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卵の味は、本来の淡白なものだけれど。 | トップページ | きれいなそばを打つためにサーキットトレーニング。 »