« 善光寺さんのお陰で。 | トップページ | 「瑣事(さじ)」を愛するものは、、、、、。 »

2015年6月22日 (月)

早食いだけがそばの食べ方ではない、、のかな。

「そば屋さんは、お客の回転が早いからいいねえ。」
などと、他の飲食店の方に言われる。

そうかなあ。

確かに、サラリーマンの多い平日の昼間は、
回転が早い。
大勢で来られても、たいてい同じメニューで、
サッと、食べられては、すっと、席を立たれてしまう。
他の食べ物だったら、そうはいかないだろう。

しっかりと噛んで食べなければならない、
ご飯の定食だったりすれば、
食べるだけで、もっと時間が掛かる。
デザートがセットになっている「イタリアうどん」の店では、
なかなか減らない、お皿の上のものに気を使いながら、
店の人はデザートを用意しなければならない。

それに比べれば、
確かに、そば屋の客の回転はいいのかもしれない。
何しろ、そばは食べるスピードが、速いのだ。
くちゃくちゃと噛む必要もないし、
面倒くさいから、そのまま飲み込んだって、胃が持たれることもない。
せいろなど、目の前に出されれば、三分もしないうちに、
見事に召し上がってしまわれる方もいる。

逆に言えば、
それが、そばの魅力でもあるのだね。

でも、
近頃は、そうとも言えなくなってきたような気もする。

じつに、せいろそばを、30分以上かけて、
召し上がっていく方もいらっしゃるのだ。
そばが伸びる、、というか、
完全に伸びきってしまっているのだが、
それでも、箸を止めることなく、
ほんの二三本づつ、
ゆっくりと口に運び、
少しづつ手繰っていかれる。

そういう食べ方の方も、
少しづつ増えているのも事実。
女性ばかりではない、
男性でも、そういう方がいらっしゃるのだ。

まだまだ少ないけれど、
そういう食べ方で、そば屋を楽しまれている方もいらっしゃるのだ。
決して、早食いではないそばの食べ方。
そば屋としては、そういう食べ方が広まってほしくはないけれど、
それはそれで、受け入れていかなければね。

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« 善光寺さんのお陰で。 | トップページ | 「瑣事(さじ)」を愛するものは、、、、、。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 善光寺さんのお陰で。 | トップページ | 「瑣事(さじ)」を愛するものは、、、、、。 »