« そばを食べたあとは、そば湯で汁を分解する。 | トップページ | 「我 事において 後悔せず」@宮本武蔵 »

2015年2月23日 (月)

江戸時代から言われていた「信州人は大食い」。

もう、だいぶ前に読んだ信州を紹介する本に、
「信州人は大食いで、
店に食べに行っても、
御飯の量が多い。」
というようなことが書かれていた。

私は東京生まれで、
20歳を超えてから長野に移ってきたので、
そのことについては、合点がいった。
とにかく店に食べに行くと、
特に、昔からあるような食堂やレストランでは、
食事の量が多いのだ。
食欲旺盛な若いころは、
ずいぶんと特をしたような気分になったものだ。

今では、もう長く、信州に暮らしているので、
果たして、他の地域に比べて、
信州の食事の量が多いのか少ないのか、
よくわからないが、
調べてみると、「信州人は大食い」というイメージは、
実は江戸時代に作られていたのだね。

北信といわれる、長野県北部は、
冬になると、
農地は深い雪で覆われる。
なんの稼ぎもないから、
仕方なく江戸へ出稼ぎに行く人が多かったそうだ。

これといった技術も持たない田舎者の働くのは、
それは肉体的にきつい仕事ばかりだったらしい。
例えば冬に需要の多い、米俵や酒樽を運ぶような、
力仕事ばかりだったようだ。
当然腹も減って、
飯をたくさん食う。

ということで、
はたから見ると、
飯ばかり食べているようにみえたのだ。
だから信州人は大食漢と思われたそうだ。

それを、やはり、冬になるとやってきて、
貪欲に餌をあさる椋鳥(むくどり)に例えて、
江戸の人たちは、信州人を馬鹿にした。

「雪降れば椋鳥江戸へ食ひに出る」

などと、川柳に歌われたりした。

やはり北信濃の出身の俳人、
小林一茶も、江戸ではそう呼ばれたのだろうか、
こんな句を残している。

「椋鳥と人に呼ばるる寒さ哉」
(むくどりと ひとによばるる さむさかな)

とにかく冬になると、
信州から人が一団となってやってきて、
散々に食べて帰っていくというふうに、
江戸の人には見えたのだね。
それなりの仕事もこなしていたのに。

そんなことで、
「信州人は大食い」と言われ続けて来たようだ。

でも、本当に今でも大食いなの。
もしそうならば、
マクドナルドは、少し大きな信州バージョンバーガーを出してもいいし、
ガストの定食のご飯の量が、信州だけ多いはずだし、
丸亀製粉のうどんも、普通より15本ほど多く入っているはずし
スシローのにぎり寿司が少し大きくなっていてもいい。
、、が、そんな話は聞かない。

大盛りを売りにする店も何軒かあるが、
それは、何も、信州に限ったことではないだろう。

あえて言うならば、「信州人は大食い」というのは、
それだけ身体を活発に動かしている人が多いということではないかなあ。

ちなみに、そばの一人前の量は、
東京では110グラムぐらいが多い。
もちろん店によって違うけれど。
私の店では一人前は135グラムにしている。
なお、これは「信州人は大食い」とは、
一切関係のない事情によるもの、、、、です。


Soba

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« そばを食べたあとは、そば湯で汁を分解する。 | トップページ | 「我 事において 後悔せず」@宮本武蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そばを食べたあとは、そば湯で汁を分解する。 | トップページ | 「我 事において 後悔せず」@宮本武蔵 »