« カツオばかりがダシではない。 | トップページ | 長野県青木村の「タチアカネ」というソバのそば。 »

2015年1月27日 (火)

時代に取り残された、いや、取り残った宿で。

なにやら、近頃は、
古いものを見ると、やたらと懐かしく思えてくる。
いやだねえ、歳をとった証拠だ。

例えば旅行に行くにしても、
設備の整った建物や部屋は、かえって落ち着かない。
四角いきっちりとした部屋に寝かされると、
なにやら、ある種の病院に押し込められたような気がする。
だいたい、かすかなエアコンの音なんぞが気になって、
夜中に、何回も起きてしまうのが常なのだ。

それが、隙間風のあるような古い部屋に寝かされると、
朝までぐっすりと眠れる。
これは、歳のせいというより、
長年の貧乏性のせいかもしれないなあ。

ということで、
お休みを頂いて、
国の登録文化財に指定されている建物の、
実に古めかしい温泉旅館で過ごさせていただいた。

で、本当に古いのだよね。
階段の手すりはすり減っているし。

Masuya1
ガラス窓から見える風景は、
微妙にゆがんでいるし。

Masuya6

階段の板がすり減って、
滑りそうだし。

Masuya5
風呂場につながる廊下には、
古いポスターが貼ってあったり。

Masuya4
部屋の番号は、墨書きで、
釘で打ち付けてあったり。

Masuya7
なにやら、
昔はこうだったなあ、
みたいなことを、思い出させてくれるような宿だった。

お世話になったのは、長野は青木村にある田沢温泉の、
「ますや」という旅館だ。

Masuya8
ここ田沢温泉は、
お湯がぬるいことで有名。
それだけ長湯ができるということだ。
この宿でも、さすがに冬は多少の加温をしているとのことだが、
露天風呂なんぞ、一度入ったら、
30分ぐらいは上がることができない。
身体が温まらないのだ。

長湯の苦手な私だが、
この湯はのぼせる心配がないので、
ウトウトとしながら入ることができた。
露天風呂の横の笹薮に、
カラスがやってきて、
あんぐりと口を開いてこちらを見ている。
この寒空に、ぬるい湯に浸かっているなんて、
カアと声も出ないほど、あきれている様子だ。

この宿には、なんと、
島崎藤村が滞在したという部屋が残されている。
私の泊まった部屋の、
ちょうど向かいの建物だという。

Masuya3
おかげで、
私なりにのんびりと出来た冬休みだった。

地元、長野には、
まだまだ、いいところがあるのだね。

Masuya9

→→→人気blogランキング

 

 

 

 


 

|

« カツオばかりがダシではない。 | トップページ | 長野県青木村の「タチアカネ」というソバのそば。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カツオばかりがダシではない。 | トップページ | 長野県青木村の「タチアカネ」というソバのそば。 »