« 地震のお見舞いを頂き、ありがとうございます。 | トップページ | 「年越しそば」と「正月営業」の準備中、、ということに、かこつけて。 »

2014年12月 2日 (火)

原子力のゴミは、たった、10万年管理すればいい。

前からずっと、
心に引っ掛かる事があって、
なにやら、ズルズルと、
引きずりながら、日々の暮らしの中に埋もれてきた。

それでも、
電気のスイッチをひねったり、
エアコンの温度を調整したり、
冷蔵庫のコンプレッサーの音を聞いたりすると、
あれっ、と思い起こされる時がある。

私には、関係ないことだと、
割りきってしまえばいいのだが、
若いころに、なまじ関わったことがあるので、
どうしても、気になっているのだ。

なんのことかって。
日本の原子力発電のことだ。

あ〜あ、なんと複雑怪奇な問題なのだろう。
そば屋のブログに書くようなことではない。

が、あえて、書かせていただこう。

東日本大震災が起こる前の、
電気事業連合会の作ったパンフレットに、
こんなことが書いてあった。
この団体は、原子力発電を推し進めるための、
啓蒙活動をしている。

「原子力発電によって生まれる、
高濃度の廃棄物は、
日本人一人の一生で、
たった、ゴルフボール2個分でしかない。」

これは、日本の電力の40%を原子力に頼った場合のお話。
つまり、原子力発電で生まれる燃料のゴミは、
ほんの少しだと言いたいようだ。

そうか、
一生で、たった、ゴルフボール二個のゴミしか出ないのだ。

でも、
そのゴルフボールで、
ゴルフをする訳にはいかない。
そのボールでゴルフをするほど近づいた人間は、
すぐに、この世からいなくなることだろうね。

そんな危険なゴルフボールを、
その辺に置いておく訳にはいかない。
しっかりとした容器に入れて、
地下300メートル以上の深さに埋めてしまうのだそうだ。
そうして、そこに人間が近づかないように、
ほんの10万年ほど、管理をするのだそうだ。

地球の歴史は46億年。
地上を恐竜がのし歩いていたのは一億年前。
それにくれべれば10万年なんて、
あっという間さ。

、、、というわけらしい。

私達は、今の便利な世の中を享受した「ツケ」を、
後々の人々に残さなければならなくなる。
せいぜい80年少ししか、
いや、中にはもっと長生きをする方はたくさんいるけれど、
そのくらいしか生きられない人間に、
10万年という時は長すぎる。

それだけの原子力のゴミを、
抱え込んで、
大丈夫なのか、、、というのが、
私の気がかりなのだ。

それに対して、
楽観的な方もいらっしゃる。
将来科学技術が進めば、
そういうものを処理する方法も見つかるさ、、と。

でも、もしそうならば、
せめて、
原子力を使うのは、
そういう方法が見つかってからにしたら、
いかがなのだろうか。

世の中、
とにかく今さえ良ければいい、
という方向に動いているような気がしてならない。
あとはどうにかなるさ、という、
刹那的な感情が、地球を覆っているようにも見える。

でも、人間は、賢い選択をすることもできる。
だからこそ、人間なのだよね。

などと、
難しいことを書いてしまったが、
私としては、安心して、美味しく、
そばを召し上がっていただきたいと思っているだけだ。
十年後も、二十年後も、
百年後も、三百年後も、、、

、、、十万年後は、想像できないなあ。

→→→人気blogランキング

 

 

 

 




|

« 地震のお見舞いを頂き、ありがとうございます。 | トップページ | 「年越しそば」と「正月営業」の準備中、、ということに、かこつけて。 »

コメント

私も、原発には反対です。
やはりゴミ処理のゆくえが心配なのです。
ある程度の地震が起きたらどうなるか、そんなことも気になります。
単純な話だと思いますけど、私のまわりでは話題になりません。タブーに近いですね。安全の問題ではなくて、政治の分野の問題だと思い込んでいる人が多いみたいです。
話題にすることさえ躊躇してしまうのではなく、風通しの良い話し合いができたらなあと思います。

投稿: 所沢太郎 | 2014年12月 4日 (木) 00時39分

所沢太郎 さん、こんにちは。

そのとおりですね。
原発について、もっと気楽に話し合える雰囲気があるといいですね。
私の若い頃は、まだ、そのような気配があった気がします。

投稿: かんだた | 2014年12月 4日 (木) 16時26分

先日亡くなりました菅原文太さんも原発のことをとても心配してましたよね。
私も10万年も管理しなきゃいけない代物なんてのは駄目だと私も思います。
遡ってみた縄文時代でも1万5千年前ぐらいですよ。
10万回年越し蕎麦を食べた先なんてのはちょっと想像もできませんなあ。

投稿: 土瓶蒸し | 2014年12月 4日 (木) 17時48分

土瓶蒸し さんこんにちは。

10万年というのは、全く想像すらできない時間ですね。
その頃まで、人間が生きているのかどうかすら、疑問です。

投稿: かんだた | 2014年12月 5日 (金) 06時33分

地震、雷、火事、親父……

先日の長野県北部の地震、
そして、
雷を飛び越えて、権堂の火事。

かんだたさんの近くではっ!!
と、心配しました。

死傷者が出なかったようでよかったですが、
火事は怖いですね。

でも、
原子力発電所の地震や津波、
そして、テロによる事故の方が、
その何千、何万倍も怖いと思います。

原発は、“必要悪”と考えている人がいますが、
もうとっくに“必要”がとれて、
ただの“悪”になっていると思います。

一極集中の時代から、
食料も、人も、お金も、電力も…
個々の地域で自立していく形を考えたいですね。

ん~、おいしいお蕎麦が食べたくなりました。

投稿: おおつか | 2014年12月 8日 (月) 20時27分

おおつか さん、こんにちは。

権堂の火事で、ご心配いただきありがとうございます。
かなりの煙が出て、権堂一帯に焦げ臭い匂いが漂いました。
消火に手間取ったみたいで、ずいぶんと長い間、煙が出ていました。

日々の暮らしの中で、
身近に、このようなことがあると驚きますね。

原子力のゴミは、
目の見えないところで、
いつの間にか増え続けています。
どうしようもならなくなって、
大騒ぎ、、、、
などということの、無いようにしたいものです。

投稿: かんだた | 2014年12月 9日 (火) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震のお見舞いを頂き、ありがとうございます。 | トップページ | 「年越しそば」と「正月営業」の準備中、、ということに、かこつけて。 »