« 山小屋恐るべし〜生ビールが飲める。それと、、、。 | トップページ | タタミ二畳の茶室でそばを食べれば。 »

2014年9月23日 (火)

普段食べるもの。

時々、お客様から聞かれるが、
蕎麦屋は普段、何を食べているのか、
興味のある方も、いらっしゃるようだ。

蕎麦屋さんによっては、
毎日眼の前で扱っているそばは食べたくない、
という方もいるようだ。
そんな話も、身近に聞いているが、
私は全く苦にならないし、
毎日、自分で打ったそばを頂いている。

とにかく毎日、長時間店にいるわけで、
三食とも店で、自分で作った料理を食べることとなる。
スタッフも一緒に食べるので、
それなりに変化をつけながら、
「まかない」の料理を作っている。

いわゆる「出来合い」のものを使わず、
ごく、単純な味付けを心がけている。

でも、それでは、
私の味の世界が狭まってしまう。
だから、
休みの日などに、
機会があれば、いろいろな店を回るようにしているのだが、
なかなか、時間が取れないのが悲しい。

世の中は、いろいろな刺激的な味にあふれている。
でも、味の強いものは注意が必要だ。
多くの外食で使われている人工的な調味料は、
本来の素材の味を感じさせなくなってしまうのではないかな。

だから、休みの日に食べに行くときも、
そのような調味料を使わない店を選ぶのだが、
これが難しい。

普段から、人工的な調味料を使っていないから、
口にすれば、すぐに、そういうものを使っているのがわかる。
先日行った、結構評判の蕎麦屋の汁に、
そういうものが使われていて、がっかりしたな。

それだけではない。
ある人気の居酒屋に行って、
好きな魚の刺身があったので注文した。
出てくると、その、盛り付けの綺麗なこと。
なるほど、これは大したものだな、と思ったが、
残念ながら、その刺身が、いつ切られたものか、
私にはわかってしまうのだ。
これでは、スーパーのパック入りの刺身を、
高いお金を払って食べているようなものだ。

それだったら、
街外れの店の使い古したカウンターで、
おやじさんが目の前で切ってくれる刺身の方が、
はるかに旨いのだが、
そんなことは気にしない人が多いのだね。

外に食べに行くと言っても、
カレーとか、焼き肉は苦手。
特に焼肉屋は、
あの、化学調味料が焦げた匂いが店中に漂っていて、
入っただけで気持ち悪くなるので、パス。
ラーメンは、最近はやたらとスープが濃くて、
一口で舌が占領されて、
逃げ場も休息もないのでパス。
イタリアンに行くと、
なんでもかんでも、
具材を混ぜあわせたような、
ごった煮パスタが出てくるのでパス。
(私は、シンプルに茹でたパスタを、
手作りのトマトソースだけで食べるのが好き。)

などと書くと、
結構店を選んでいるように見えるが、
私は基本的には悪食だ。
そばなんか、コンビニのそばから立ち食いそば、
温泉施設のお気軽そばまで食べてしまう。
なんでも、試してみたいが、
どうしても、外で食べる機会が少ないので、
自分の好みで選んでしまうのだ。

幸いなことに、
畑で野菜を栽培しているので、
新鮮な野菜を食べることができる。
不揃いな野菜たちだが、
ほんのちょっとの手間と、
昔ながらの調味料を加えるだけで、
美味しくいただける。
そして、そういうものを、
美味しいと感じる感性を持っていたいと思うなあ。

あっ、たまには、
ウナギなんぞ、食べたいけれどね。
同じ長いもので、
サンマの梅煮で我慢。
五時間炊いて、骨まで柔らか。

Photo



→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 


|

« 山小屋恐るべし〜生ビールが飲める。それと、、、。 | トップページ | タタミ二畳の茶室でそばを食べれば。 »

コメント

はじめまして。お店のホームページよりblogも拝読いたしました。共感できることばかりで思わずコメントをしたくなってしまいました。私も自宅で食事を作る身ですので家族にはより素朴で安心、そして、おいしくなーれと気持ちを込めようと心がけています。父が育ててくれた野菜をできるだけ無駄なく、そのものの味を活かそうと試行錯誤しています。そうすると調味料やおいしく見える盛り付け方、器にも自然と気を遣いたくなります。母は添加物のないお料理を心がけており、その姿を見てきた私も自然と母と同じようにしています。お味噌はね、大豆とお塩と麹だけで作れるのだよ、他にはなにも必要ないのだよと教えてくれたことをよく思い出します。ジャンクフードもたまには美味しいのですが、手間隙をかけたものにはかないません。
かんだたさんのお蕎麦、お蕎麦好きの父を連れていただきに伺いたいと思います。

投稿: しあわせむすめ | 2014年10月28日 (火) 10時25分

しあわせむすめ さん、こんにちは。

嬉しいコメントをありがとうございます。
手作りのお料理を作られているとのことで、何よりです。
毎日食べるものが、今日のエネルギーとなりますが、同時に、数年後の私達に体を作っているのですね。
ひょっとしたら、心も作っているのかもしれません。

そんな大切な食事を、安易なもので済ませたくないものです。

投稿: かんだた | 2014年10月28日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山小屋恐るべし〜生ビールが飲める。それと、、、。 | トップページ | タタミ二畳の茶室でそばを食べれば。 »