« 麺棒は尾州檜(びしゅうひのき)、切り板は銀杏(いちょう)。 | トップページ | 「真」「純」「本」、手打ちそば屋は工夫しているけれど。 »

2014年6月16日 (月)

あえて入りづらい入り口〜お客様にはご不便をお掛けしております。

「かんだた」は、長野の街の中の路地にある。
表通りを歩いているだけでは、
ちょっと気がつかない場所だ。
しかも、道路から10メートルばかり入った突き当たりという、
いかにも入りづらい店なのだ。

どうして、こんなところで店を開いたかというと、
そば好きな人に、わざわざ来ていただく場所にしたかったからだ。
通りがかりで入れるような、
便利な場所ではなく、
落ち着いてそばを食べたい!!!
という思いのある方に来ていただくために、
あえて、目立たない店にしたのだ。

店を始めた頃は、
いつも静かであったが、
おかげさまで、この頃は、
そこそこと賑わうことも多くなってきた。

最近はネットの影響もあり、
わざわざお越しいただく方が増えた。
ありがたいことだ。
でも、
知る人ぞ知る店、、、だけでなく、
知らない人も知る店、、、、になってしまったようで、
少々、雰囲気が変わってしまうこともあり、
気を揉むこともある。

「かんだた」は街中の路地裏なので、
すぐ近くには駐車場はない。
便宜上、近くの有料駐車場に停められた方には、
サービス券をお出ししている。

最近はカーナビがあって、
店のすぐ前まで誘導してくれるので、
店まで来てから、駐車場を聞かれる方も多い。
時々、車の中から電話してきて、
駐車場をお尋ねになる方もいる。
ご案内すると、
「えっ、そんなに遠くなの?」
と言われて、そのままお帰りになる方も、
中にはいらっしゃる。
先日などは、
「どうして店の前に駐車場がないんだ!」
と、怒られてしまった。

あえて、
そのような便利さを排して、
私の店があることをご理解いただきたいのだが。

また、
どうしても、混雑時には、
外の通路でお待ちいただくこともある。
暑いときや、寒いときには、
ずいぶんと申し訳ないけれど、
なにしろ20人も入らない小さな店なので、
外で待っていただくより他はないのだ。

けれども、時々、「店の中で待たせろ」と、
言い張る方もいらっしゃる。
店内には待つスペースがないこと、
中のお客様が、ゆっくり出来ないことを説明するのだが、
なかなか納得していただけない。
ずいぶんと時間を取られた上に、
スタッフに悪態をついて帰られる方もいる。

また、
最近は、
大人数での来店、おおむね7人を超えるグループには、
お断りすることもある。
そば好きな方ばかりならば良いのだが、
大人数で来られた方には、
ただ、ついて来られただけの方もいて、
「鍋焼きうどん」「天丼」などと、
私の店では聞いたことがないようなオーダーが出てきたりする。
店内禁煙を、
ぐずぐずと文句を言う方もいた。
そうして、大人数と言うのは、
すべてではないが、
どうしても大騒ぎをしたくなるものなのだ。

「かんだた」は小さな店なので、
他の大きな店のやっているような、
誰でもいらっしゃい〜〜のようなサービスは出来ない。

それでも、そば好きな方に、
落ち着いてそばを味わっていただきたいと思っている。
駐車場から歩いていただき、
外でお待ちいただくような、
そんなご不便の中を、お越しいただくお客様には、
誠に感謝に絶えない。

そのようなお客様のご期待に沿うように、
もっと、工夫をしていかなければと、
思っているのだ。

ついでに書いとくが、
「かんだた」では、
大金持ちのご来店もお断りしている。
なぜなら、
「かんだた」には、
自家用飛行機で来られても、
専用の飛行場がない、
ヘリコプターのヘリポートもない。
店内に執事の待合室がない。
豪華クルーザーで来られても、
専用の桟橋もない。

馬やゾウや、キリンに乗って来られても、
つないでおく棒がないし、
長さが十メートルのあるリムジンに乗って来られても、
先の角を曲がることが出来ない。
チップをたくさんいただいても、
それを入れる頑丈なカバンがない。

と言うことで、
皆様には、ご不便をお掛けしているのだ。
勝手な店ですみません。

Puerta

 

→→→人気blogランキング

 

 

|

« 麺棒は尾州檜(びしゅうひのき)、切り板は銀杏(いちょう)。 | トップページ | 「真」「純」「本」、手打ちそば屋は工夫しているけれど。 »

コメント

ご苦労が偲ばれます。
良い店を守ろうとするお気持ちを支持します。
まともでない客は相手にせず、ご主人のやりたいように続けていただきたい。
陰ながら応援しています。

投稿: 所沢太郎 | 2014年6月19日 (木) 00時00分

所沢太郎 さん、こんにちは。

ご声援をありがとうございます。
つい、愚痴っぽい内容になってしまいました。
いろいろなお客様がいらっしゃいますが、
それ以上に、元気に、
時には怪しく、がんばっていきたいと思っています。

投稿: かんだた | 2014年6月19日 (木) 21時46分

昨年八月に旦那と息子二人と四人で伺いました。それも18きっぷを使い家族で電車旅行。
長野電鉄で降りて歩いて店を見つけ、開店を待っている時間も、だしの匂い、野菜をたいている匂いで、胃袋は喜び、唇にはよだれ、頭の中には、あと数分で手繰るであろう蕎麦を想像して、楽しい時間でした。
先に頂いた箸休めの小鉢が美味しくて、息子たち、すぐに平らげてました。
二階で、白い蕎麦を初めて食べた息子は、やはり、十割の方が好き!と小学生にしちゃ生意気な事を言ってました。
あぁ、美味しかったよね〜あの長野の蕎麦!と時々思い出しては頷きあってました。
善光寺さんよりも、蕎麦の方が思い出になりました。

投稿: そば食い息子のおかん | 2014年7月10日 (木) 09時12分

そば食い息子のおかん さん、こんにちは。

ありがとうございます。
遠くから、わざわざお越しいただいたのですね。
息子さんが、小学生からそば食いとは頼もしいです。
こういうお話をきくと、今後とも、ご期待に沿えるよう、がんばらなければと、励みになります。

投稿: かんだた | 2014年7月11日 (金) 06時19分

二年まえのマラソン大会で長野を訪れた際に、街中をぶらぶら歩いているときに妙な(すいません)看板を見つけ入りました。

ふつうの格好をしていたにもかかわらず、走るんですか?と声をかけてくださいました。

土曜日にまたお伺いするつもりです。

その時間までに、そば好きの常連さんで埋まり、売り切れなきゃいいけどとおもってます。

投稿: ant | 2014年9月11日 (木) 00時07分

ant さん、こんにちは。

ありがとうございます。
マラソンの時にいらしたのですね。
普通の格好でも、走る方は、なんとなく「走る!」という雰囲気がありますものね。

お待ちしております。

投稿: かんだた | 2014年9月11日 (木) 21時15分

昨日のお昼に伺いました。
渋滞で予定より1時間遅れ、お店の前には案の定支度中の看板になってましたが、
ダメもとで入ったところ、大盛りの蕎麦なら用意できるとのことで、いただくことができました。
おいしかったですよ。

投稿: ant | 2014年9月14日 (日) 08時28分

ant さん、こんにちは。

あれっ、最後に入られた方でしたか。
ありがとうございました。
ちょうど新そばに切り替わったところでした。

投稿: かんだた | 2014年9月15日 (月) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺棒は尾州檜(びしゅうひのき)、切り板は銀杏(いちょう)。 | トップページ | 「真」「純」「本」、手打ちそば屋は工夫しているけれど。 »