« そのうちに、信州産の「そば」は見向きもされなくなってしまう! | トップページ | 日本酒を美味しく飲んでいただくには? »

2014年3月10日 (月)

東京で開かれた食品展示会へ。

先週は火曜日に休みをいただいて、
東京で行われた食品展示会 「FOODEX JAPAN」を見学してきた。

食品を扱う業者向けの展示会で、
私のような、小さなそば屋には直接関係のある訳ではないが、
どんな食べ物があるのか、興味があったからだ。

なにしろ、たまにしか行かない東京なので、
会場の幕張メッセにたどり着くまでがひと苦労。
東京駅に、いつの間に、
京葉線なんてホームが出来たんだい。
しかも、あんなはずれに。
こう見えても、私は江戸っ子、
東京のことなら、何でも知っているわい、、、
と思っていたけれど、
三十年以上も離れていれば、
もはや「おのぼりさん」状態なのだ。

会場に入ると、
先ず、招待券をくれた鰹節問屋さんのブースに挨拶。
見知った営業の方に、いろいろと話を聞いた。
カキとか、アサリとか使った出汁も、
ラーメンなどの業界では、注目されているらしい。

それから、とにかく、広い、
たくさんのブースを、
人ごみをかき分けながら、進んでみる。
調味料から、加工食品、
飲み物からお菓子まで、
とにかく、あらゆるものが展示されている。
積極的に、試供品を提供しているところもあれば、
商談の場と割り切って、机を並べているところもある。

食材大手の会社などは、
広いカウンターを作って、
どんどんと試食させている。
また、新しい調理法を提案している、
和食の食材会社もあった。

また、各県ごとに出店しているスペースもあり、
各地の特産品を並べて賑わっていた。

そばの関係では、
そば粉を使ったガレットを作りやすくしたものとか、
国産のダッタンそば茶などが目に入ったね。

会場の半分以上のスペースは、
外国からの参加。
とても回りきれないので、
目に付くところだけ。

メキシコのスペースでは、
マリアッチ(独特の賑やかな楽団のこと)が演奏して、
その周りで、いくつかのテキーラを味見する。
ベルギーのビールに、
赤い色のものがあったので、
飲んでみると、何と、イチゴの味がする。
どこだか忘れたが、
そばに合うビールがあると言うので見てみたら、
何と、原材料に「そば」が入っているビールがあるのだね。

日本の酒造組合のスペースでは、
テーブルに焼酎の瓶が並んでいる。
薩摩、壱岐、泡盛、奄美黒糖、、、、などの焼酎を、
それぞれに味見することが出来るのだ。
アルコールは苦手だが、
この機会に、我慢して、いろいろと飲んでみよう、、、

、、、って、
何のために行ったのか、、
と言われそう。

でもね、
日本の、いや、世界の食品業界の、
凄まじいパワーを感じたね。
皆さんそれぞれに、
商品や、表現方法に工夫を凝らしているのだ。
そんな、発信していく姿勢を、
全身で感じて、、

、、、くたくたになって帰ってきた、、
トホッ。

私も発信していかなければ。




Foodex

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« そのうちに、信州産の「そば」は見向きもされなくなってしまう! | トップページ | 日本酒を美味しく飲んでいただくには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そのうちに、信州産の「そば」は見向きもされなくなってしまう! | トップページ | 日本酒を美味しく飲んでいただくには? »