« 東京で開かれた食品展示会へ。 | トップページ | メニューは手書きで、、悪筆ですけれど。 »

2014年3月17日 (月)

日本酒を美味しく飲んでいただくには?

先日、東京に行った時に、
東京駅周辺を少し見て回った。

駅周辺にある飲食店と言えば、
調理スペースの関係で、
ファストフード店ばかりかと思っていたら、
ある一角には、
名の売れた料理店が並んで出店している。
まだ、5時を少し過ぎたところなのに、
すでに、外で待っている人たちのいる店もあり、
人気のほどがうかがえる。
けっして安い店ではないが、
駅の近くで、
気軽に老舗の味が楽しめるようになっているのだね。

せっかくだから、
丸ビルの中にある、
かねてから名前を聞いていた、
和食ダイニングに入ってみた。

なるほど、店の中央に大きなカウンター席があり、
周りにテーブル席。
落ち着いた感じの造りだ。
全体に照明を落としてあるのは、
大きな窓から見える、
丸の内の夜景を取り込むためなのだろう。

あいにくと、
窓際の席は予約で一杯だったが、
広めのテーブル席で、
都会のひと時を楽しんできた。

料理は、思ったより素朴な内容のものだったが、
それなりの工夫のされたものだった。
都会の人には、かえって、
この素朴さが受けるのも知れない。

さて、メニューには、たくさんの日本酒もあったのだが、
今の季節に出回る、
ある銘柄の純米吟醸生酒を注文した。

私は、お酒は苦手なのだ。
でも、商売の勉強のためには、
我慢して、飲んでみなくてはならない。

黒いベストのお兄ちゃんが持ってきたのは、
先ず、三寸ほどの丸い皿。
そこに、ミニタンブラーを置く。
そう、一口ビールグラスとか呼ばれている、
あのグラスだ。
そこに一升瓶から、
トクトクとお酒を注いでくれる。
グラスがいっぱいになっても、
まだ注いでいる。

下の丸い皿に、
グラスから溢れた酒がいっぱいになって、
一升瓶の口が持ち上げられる。

あ〜あ、
とがっかり。
その注ぎ方を見てね。

せっかく、丸の内のおしゃれな雰囲気で酒を楽しもうというのに、
皿にまでその注がれた、そのお酒の周辺は、
新橋のガード下か、新宿の西口の、
大衆的な酒場のざわめきの中にあるようだ。

頼んだお酒は、
けっして安いものではない。
杜氏さんが、一生懸命作ったお酒だ。
この注ぎ方で、
その酒の持つ、
深い香りや味を楽しめるのだろうか、、、、
、、と、酒の苦手な私は思ってしまうのだ。

日本酒を大切にする店であれば、
持ち上げたグラスの底から、
皿に溢れた酒がポタポタと落ちるような、
こんな出し方はしないだろうなあ。

こんなお酒の出し方ひとつでも、
店の姿勢が見えてくる。
私も、酒を売っている身なので、
そこのところが怖いところだ。

あるそば屋さんは、
吟醸酒を頼むと、
備前焼の、口の小さな徳利で出してくれる。
焼き締めの肌が、酒の冷たさを感じさせるし、
口の小さな徳利は、
ぐい飲みに酒を注ぐまで、
その芳醇な香りを閉じ込めておいてくれる。
あっ、この店は、
お酒を大切にしている店なのだな、、、
、、と、酒の苦手な私でも思うのだ。

そんな酒の扱い方を、
私も、もっと学ばないといけない。
だから、苦手のお酒だけれど、
我慢して、いろいろな店で飲んでみよう。

ちなみに「かんだた」では、
グラスに酒は溢れさせていない。
まあ、お好みかもしれないけれど。
佐久の酒、亀の海「春うらら」
純米吟醸うすにごり生です。

Haruurara

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« 東京で開かれた食品展示会へ。 | トップページ | メニューは手書きで、、悪筆ですけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京で開かれた食品展示会へ。 | トップページ | メニューは手書きで、、悪筆ですけれど。 »