« 長野にはなかった「年越しそば」。 | トップページ | そば打ちはスポーツに似ている。 »

2013年12月28日 (土)

いよいよ年越し。

長野の街は、
夜になって、氷点下の寒さに震えている。
おまけに、ちらちらと雪が舞って来た。

Kannban

また、この時期が来てしまった。
、、などと、のんきなことを言っている場合ではない。

発送する年越しそば、
店にとりに来ていただく年越しそば、
そして、初詣で賑わう善光寺にほど近いこともあって、
元日からの営業。

一年で、一番、
そばを集中して打たなければならない日々となる。
そのための準備も、
滞りなく続けて来た、、、、はずなのだが。

そば屋にとっては、
一年を振り返る余裕すらない日々なのだ。

たしかに、大変な日々ではあるが、
なぜか、ここ数年、
わくわくとする日々でもある。

ありがたいことに、
年越しそばにしろ、
正月からのそばにしろ、
少なからぬ方々から、
様々な方法で、反応をいただくことが多いからだ。

インターネットって、
こういう時にありがたいねえ。

私はそば打ち場で、
黙々とそばを打つけれど、
ああ、こういう方々に、
そばを召し上がっていただくのだと思えば、
力の入り方が違う。

私としては、
ずいぶんとたくさんの数を扱わなければならないが、
それでも、
お一人、お一人にそばを届けるつもりで、
そばを打っていくつもり。

ということで、
皆さん、
そばともに、
よい年越しをお過ごしください。
そして、
同じ地球に生きる、
すべての人に、
幸せな一年が授かりますように。

Isiusu

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« 長野にはなかった「年越しそば」。 | トップページ | そば打ちはスポーツに似ている。 »

コメント

元旦から営業する仲間が居た!

投稿: sobakiti | 2013年12月29日 (日) 22時00分

sobakiti さん、こんにちは。

がんばりましょう!

投稿: かんだた | 2013年12月30日 (月) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野にはなかった「年越しそば」。 | トップページ | そば打ちはスポーツに似ている。 »