« 米には産地を表示する義務がある。 | トップページ | 長野にはなかった「年越しそば」。 »

2013年12月14日 (土)

昭和のエアコン

ラジオの番組で聞いたのだが、
人間の細胞の中には、ミトコンドリアというものがあるらしい。
なんでも、細胞にエネルギーを供給する働きがあるとか。
このミトコンドリアを増やすと、
細胞が活性化して、免疫機能を高めたり、
老化の防止になるのだそうだ。

運動をしたり、ストレッチなどをすると、
その刺激で、ミトコンドリアを増やすことができるらしい。
そして、寒い季節には、
寒さに当たることも、ミトコンドリアを増やすことになるという。
寒ければ、身体の熱を作り出そうとして、
反応するのだという。

つまり、
ずっと暖かいところで過ごしていては、
ミトコンドリアは増えず、
老化は進んでいくらしい、、、ふむふむ。

一方、暑い時には、
暑さに当たることも必要だという。
時には汗をかくとこによって、
身体の持つ調整機能が高められるのだそうだ。

つまり、
暑い夏に、ずっと涼しいところにいると、
身体の調整能力が失われていくのだね、、、ふむふむ。

ということで、
かんだたの店は、
冬の寒い日には、ストーブの前以外は、
背中がゾクゾクしたり、
夏の暑さの時には、
団扇で扇いでも汗が止まらなかったりしている。

これも、皆様の健康を気遣って、
ミトコンドリアを増やしていただいたり、
身体の調整能力を高めていただくためのものなのだ。

、、、、ではなく、
他によんどころない事情があったのだ。

なにしろ、店のエアコンは、
9年前にこの店を開店する前からあったもの。
十年近くも使わない期間があったとしても、
立派な昭和生まれの装置なのだ。
ええと、今年は平成になって何年だっけ?

開店の時に見てもらった電気屋さんに、
まだ大丈夫ですよといわれ、
そのまま使って来たのだが、
次第に能力が下がって来てしまった。

メーカーの人に点検に来てもらっても、
「まあ。古いですからね。」
の一言。

この夏の猛暑には、
いよいよ歯が立たなくなり、
あげくに、10月になっても冷房を使わなくてはならない日があって、
ついに、水を吹き出してダウン。

これは、エアコンを
交換しなければならない、
ということで業者の方に見積もりを依頼。
その金額を見て、
三回程失神しかかったが、
それでも、なんとかしなくてはならない。

なにしろ建物が古いので、
設置の工事に手間がかかる。
室外機なんぞ、
二階の屋根まで、人手で担ぎ上げなければならないのだ。

ということで、
今週は二日間の休みをいただき、
エアコンの交換工事をしていただいた。
思ったより、大掛かりなものになったが。

皆さんには今までご迷惑をおかけしました。
これからは、
快適にそばを召し上がっていただけるはず。
そばを召し上がるときは、
まあ、ミトコンドリアも、身体の調整能力も忘れて、
楽しんでいただければ。

Eakon

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« 米には産地を表示する義務がある。 | トップページ | 長野にはなかった「年越しそば」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米には産地を表示する義務がある。 | トップページ | 長野にはなかった「年越しそば」。 »