« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月28日 (土)

いよいよ年越し。

長野の街は、
夜になって、氷点下の寒さに震えている。
おまけに、ちらちらと雪が舞って来た。

Kannban

また、この時期が来てしまった。
、、などと、のんきなことを言っている場合ではない。

発送する年越しそば、
店にとりに来ていただく年越しそば、
そして、初詣で賑わう善光寺にほど近いこともあって、
元日からの営業。

一年で、一番、
そばを集中して打たなければならない日々となる。
そのための準備も、
滞りなく続けて来た、、、、はずなのだが。

そば屋にとっては、
一年を振り返る余裕すらない日々なのだ。

たしかに、大変な日々ではあるが、
なぜか、ここ数年、
わくわくとする日々でもある。

ありがたいことに、
年越しそばにしろ、
正月からのそばにしろ、
少なからぬ方々から、
様々な方法で、反応をいただくことが多いからだ。

インターネットって、
こういう時にありがたいねえ。

私はそば打ち場で、
黙々とそばを打つけれど、
ああ、こういう方々に、
そばを召し上がっていただくのだと思えば、
力の入り方が違う。

私としては、
ずいぶんとたくさんの数を扱わなければならないが、
それでも、
お一人、お一人にそばを届けるつもりで、
そばを打っていくつもり。

ということで、
皆さん、
そばともに、
よい年越しをお過ごしください。
そして、
同じ地球に生きる、
すべての人に、
幸せな一年が授かりますように。

Isiusu

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2013年12月21日 (土)

長野にはなかった「年越しそば」。

歳も押し迫り、今年も、残り僅かな日々となった。
この時期、私のようなそば屋は、
「年越しそば」の準備に忙しい。

店によって、やり方は違うだろうが、
「かんだた」では、持ち帰り用のそばを用意して、
ご家庭で茹でて、召し上がっていただいている。

その御予約をお受けしている最中なのだ。

ところが、
地元のご年配の方からは、
こんなことを聞かれることがある。

「長野で、年越しにそばを食べる人なんて、居るのかねえ?」

あれっ、地元の長野では、
年越しそばを食べないの?

年越しの仕方は、
地方によって、
また、家庭によって違いがあるようだ。

先日も、私と同じ、東京出身のお客様と話したのだが、
東京や関東地方では、
大晦日は質素に過ごすことが普通だ。
そして、除夜の鐘を聞きながらそばを食べ、
新年を迎えた朝に、
縁起物の「おせち」を用意して、
新しい年を祝うのが、多くの家庭の習わしらしい。

ところが、こちら長野では、
大晦日の夜に、
「お年取り」といって、
一年で一番豪華な食事を用意するのだそうだ。
その時に食べる魚が「年取り魚」と呼ばれ、
地域や家庭によって「サケ」だったり、
「ブリ」だったりするらしい。
縁起物の「おせち」も、
大晦日の夜に食べてしまうという。

だから、
大晦日の豪勢な食事に、
素朴な食べ物であるそばを、
「年越しそば」として食べる習慣はなかったのだそうだ。

あらら、、、。

でも、
けっこう、長野の方でも、
「年越しそば」をお持ちになる方は多い。
そのような習慣の中でも、
そば好きの方には、
ごちそうのあとの「そば」がたまらないのだそうだ。
うううん、ありがたいねえ。

習慣や風習は、時代とともに変わっていく。
縁起や理屈は、あとから付いてくるものではないだろうか。

折しも、そばは甘味を増して、
一番味の乗ってくる季節。
今年から来年に繋ぐような長いものを口にしながら、
一年に一度しかない夜を過ごされるのも、
いいのではないだろうか。

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年12月14日 (土)

昭和のエアコン

ラジオの番組で聞いたのだが、
人間の細胞の中には、ミトコンドリアというものがあるらしい。
なんでも、細胞にエネルギーを供給する働きがあるとか。
このミトコンドリアを増やすと、
細胞が活性化して、免疫機能を高めたり、
老化の防止になるのだそうだ。

運動をしたり、ストレッチなどをすると、
その刺激で、ミトコンドリアを増やすことができるらしい。
そして、寒い季節には、
寒さに当たることも、ミトコンドリアを増やすことになるという。
寒ければ、身体の熱を作り出そうとして、
反応するのだという。

つまり、
ずっと暖かいところで過ごしていては、
ミトコンドリアは増えず、
老化は進んでいくらしい、、、ふむふむ。

一方、暑い時には、
暑さに当たることも必要だという。
時には汗をかくとこによって、
身体の持つ調整機能が高められるのだそうだ。

つまり、
暑い夏に、ずっと涼しいところにいると、
身体の調整能力が失われていくのだね、、、ふむふむ。

ということで、
かんだたの店は、
冬の寒い日には、ストーブの前以外は、
背中がゾクゾクしたり、
夏の暑さの時には、
団扇で扇いでも汗が止まらなかったりしている。

これも、皆様の健康を気遣って、
ミトコンドリアを増やしていただいたり、
身体の調整能力を高めていただくためのものなのだ。

、、、、ではなく、
他によんどころない事情があったのだ。

なにしろ、店のエアコンは、
9年前にこの店を開店する前からあったもの。
十年近くも使わない期間があったとしても、
立派な昭和生まれの装置なのだ。
ええと、今年は平成になって何年だっけ?

開店の時に見てもらった電気屋さんに、
まだ大丈夫ですよといわれ、
そのまま使って来たのだが、
次第に能力が下がって来てしまった。

メーカーの人に点検に来てもらっても、
「まあ。古いですからね。」
の一言。

この夏の猛暑には、
いよいよ歯が立たなくなり、
あげくに、10月になっても冷房を使わなくてはならない日があって、
ついに、水を吹き出してダウン。

これは、エアコンを
交換しなければならない、
ということで業者の方に見積もりを依頼。
その金額を見て、
三回程失神しかかったが、
それでも、なんとかしなくてはならない。

なにしろ建物が古いので、
設置の工事に手間がかかる。
室外機なんぞ、
二階の屋根まで、人手で担ぎ上げなければならないのだ。

ということで、
今週は二日間の休みをいただき、
エアコンの交換工事をしていただいた。
思ったより、大掛かりなものになったが。

皆さんには今までご迷惑をおかけしました。
これからは、
快適にそばを召し上がっていただけるはず。
そばを召し上がるときは、
まあ、ミトコンドリアも、身体の調整能力も忘れて、
楽しんでいただければ。

Eakon

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年12月 7日 (土)

米には産地を表示する義務がある。

夏の初めの頃、
昼の営業を終えた頃に、
背広姿の人が二人、店を訪ねて来た。

また、なにかのセールスかな、
と思って対応したら、
首から提げたカードを見ると、
なんと農水省の職員さん。
あれ、何の用かなと思ってお伺いすると、
「お米のトレーサビリティ法の実施確認にきました。」
とのこと。

ええっ、トレーサビリティ法の確認?
なんで、私のようなそば屋に?
と思ったら、
「いなりを提供されているでしょう。」
といわれる。
あっ、ちゃんと、調べてから見えられたのだね。

Inari

たしかに、
私の店で使っている米を使っているメニューは、
「いなり」だけだ。

二年前に施行されたこの法律によると、
米を扱う営業者は、
仕入れた時に、その産地の分かる伝票を使用し、
それを三年間保存しなければいけない。
そして、販売者に、
その産地を分かるようにしなければいけないのだ。

つまり、
私のような飲食店では、
お客様に、産地、
といっても、国産か、外国産かをわかるように、
メニュー、または、店内に表示しなければならないのだ。

私は飲食組合の講習会でそれを教わっていたので、
メニューの「いなり」のところに、
いちおう「国産米使用」と書いておいた。

それを農水省の方に見せると、
写真をバシッ。
納品書を見せて欲しいとのことで、
別にファイルしてあった米の伝票に、
ちゃんと「国産」の表示のあることを確認して、
写真をバシッ。
現物の米の袋を見せて欲しいとことで、
米の袋を中身ごと、よっこらしょと持って来て、
品質表示のラベルに「国産」とあることを確認して、
写真をバシッ。

それで、
特に問題はなかったようで、
「それではこれで報告書を作りますから。」
といわれて帰って行かれた。
一体誰に、報告するのだろう。
ふぅ。

数年前の、汚染米の事件があってから、
米の流通の透明性を保つために作られた法律。
確かに、法律は施行されても、
その法律が、きちんと機能するように、
現場や末端まで徹底しなければ意味がない。
だからといって、
まさか、私の店まで、確認に来るとは思わなかったなあ。

これからは、
ますます、外国産の米が日本に入って来て、
米の流通は複雑になって行くだろう。
消費者の安全と選択肢を与えるために、
業者としては煩雑ではあるけれど、
必要な法律なのかもしれない。

よくみると、
おやつに食べるセンベイの袋にも、
「米(アメリカ産、国産)」などと書かれているし、
味見のために嫌々飲んでいる日本酒の瓶にも、
「米(長野県産)」などの表示が見られる。

今問題になっている、
飲食店のメニュー表示にしてもそうだが、
これからは、
食べ物に関しては、
もっと、透明性と正確性が求められてくるのでは。

ということで、
かなり表示が曖昧な、
「そば」もトレーサビリティ法を作って、
産地を表示するようにすれば、
面白いのだが、、、

、、、なんてことを言えば、
業界の人には、嫌われるだろうなあ、、。

Inari2

→→→人気blogランキング

 

 

 

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »