« 女性の持つバッグが巨大化している。 | トップページ | 米には産地を表示する義務がある。 »

2013年11月28日 (木)

悪夢〜〜〜〜!

私の家には、
貧乏神が住みついている。

この貧乏神は、
お金の匂いが大嫌いなのだそうで、
そんな匂いのしない我が家は、
すこぶる居心地が良さそうだ。

最初は一人で居て、
猫と居場所を争っていたのだが、
そのうちに、仲間を連れてきた。
二人で、金銀抜きの将棋を打っていたのだが、
そのうちに4人になって、
平和(ぴんふ)しばりの麻雀を始め、
さらに5人になるとトランプでナポレオンをやりだした。

もっと増えた時には、
野球チームを作ろうという話があったが、
あっという間に、
貧乏神のサッカーチームが出来上がってしまった。

そのサッカーチームが試合をするので、
お前も監督として出てこいという。

不承不承に原っぱの会場に行くと、
何と相手は、鎧兜(よろいかぶと)の
落ち武者たち。
近くの古戦場から出てきたらしい。

さてその、
「Binbows」と「Kobushis」のキックオフ。

我が貧乏神たちは、
痩せて、ガリガリかと思いきや、
なにしろ私の貧乏を食べ漁っているので、
ぷっくりと太った貧乏メタボばっかりなのだ。

それでも、
ころころと、落ち武者たちにボールを転がした時に、
私は、「Binbows」の勝ちを確信した。
だって、相手は古武士とはいえ、
幽霊なのだ。
膝から下の足がない。

ほらほら、
落ち武者たちは、ボールを蹴ろうとしても、
すっと、抜けていくのだ。

ところが、ゴール前になると、
背中に矢の刺さったままの武士が、
どっと倒れ込んで、膝でボールを止めている。

武士は、手を使えるキーパにボールを送ると、
キーパーは高々とボールを放り投げる。
そうすると、
兜をかぶったままの、武士たちのヘディングのうまいこと。
あれよあれよという間に、
ゴール前へ。

我が貧乏神たちは、
ぼけっとしてそれを眺めているだけ。
ゴールキーパーは、
ゴールの前で横になっているだけなのだ。

なにしろ、
まったく迫力のない貧乏神たちは、
脚がないけれど、
迫力のある、古武士の幽霊に押されっぱなし。
結果は、0対10のぼろ負け。
それでも陽気な、貧乏神たち。

相手を「大黒」とか「えびす」「弁天」に出来ないのかといったら、
所属するリーグが違うのだそうだ。
ええと、今度は「疫病神」とか「死神」とか、
「お岩さん」とかから試合の申し込みがあるそうだ。

、、、、、などという、
どうしようもない夢を見た。

まあ、私も貧乏では引けをとらないので、
あまり自慢したものではないが。

先日も、「そば屋は儲かる」という話を聞いたけれど、
そば打ちを教えてください、というような、メールをいただいたが、
こういう人には、私の家の貧乏神を、
そっくり添付しておくってあげたい。

商売というものは、
お金を儲けるためのものだけではない。
世の中のためになり、
喜んでもらえる人が居て、
そして自分の気持が満足できて、
初めて、本来の商売になるのだ。

こんな貧乏神たちと、
わいわいと過ごすのも楽しいかもしれない。
えっ、貧乏神様の言うことには、
今度はラグビーチームを作るって?

、、ということは、
また人数が増えるのだね。


→→→人気blogランキング

 

 

 


|

« 女性の持つバッグが巨大化している。 | トップページ | 米には産地を表示する義務がある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性の持つバッグが巨大化している。 | トップページ | 米には産地を表示する義務がある。 »