« 今年のきのこは? | トップページ | いまだに「不敬の輩(やから)」 »

2013年10月29日 (火)

プロの食べ方。食いしん坊の食べ方。

さて、小さなお子様は、
食べ物を口全体に頬張って召し上がる。
これは、舌ばかりでなく、
口全体に味を感じる神経があり、
無意識に、そういう食べ方をされるのだね。

などと言う話を、
前に書かせていただいた。

大人になると、さすがにそういう食べ方をせず、
舌だけで、味わうようになってしまう。

舌には、味を感じる神経が集中しているから、
それでも充分なのだね。

でも、
大人になっても、
口全体を使って、食べ物を味わう人たちがいる。

若い頃、
スキー教師の研修会でご一緒した、
ある調理師学校の先生方の食べ方がそうだった。
なるほど、プロの料理人は、
こういう味わい方をするのだなと、
感心した覚えがある。
何と言うか、食べ物を、
口の中でぐるぐると回すような食べ方をされるのだ。

テレビで見た、
中華料理の達人もそうだったし、
スペインの有名レストランのシェフも、
味見のときに、
このような食べ方をしていた。

そういえば私も、
ある食べ物屋にいた時に、
親方から柄杓(ひしゃく)の柄で叩かれながら、
口を広く使って汁の味見をすることを教わったっけ。

居酒屋をしていた時、
大手食品会社の営業の人に連れられてきた、
開発担当の方。
営業の人が言うには、
「この人すごいよ、なんでも味が分かっちゃうのだから。」
とのこと。
ご本人は、
「いや、飲む時には忘れることにしています。」
と、おっしゃっていた。

ところが、
ある料理を出したら、
その人の口が、文字通り、
洗濯機みたいにくるりと回った。
そして、その材料から調味料までを、
見事に言い当てたのだ。
普通の人には、
ちょっと、気づかないような材料を使っていたのにね。

こういう方々は、
特別な訓練を積まれているのだろう。
感性や経験だけで、
到達できるものではない。
そういう、
自分の舌で、いや口で、
食べ物を分析出来る人がいるのだね。

三年ぐらい前に、
店にいらしたお客様も、
まさに、そのような食べ方をされる。
気になっていると、
お客様の方から声をかけていただき、
話を聞くことが出来た。

そうしたら、
なんとその人は「匂い」のプロ。
いや、最近定年になった、
「匂い」のプロだった方だと言う。

「この鼻だけで、
メシを食わせてもらいました。」
とおっしゃる。
けっして「香り」と言わないところが、
なんとも実務的。
なんでも、工業製品の匂いを、
ずっと、調べてこられたそうだ。

そうして、当然のごとく、
食べ物の匂いにも敏感になられるそうだ。
食べ物屋に入ったとたん、
その店で使っているものがお分かりになるという。
〜〜怖いなあ。

もちろん味にも敏感なのだろう。
ああいう召し上がり方をされるのだから。

このような方もいらっしゃるのだ。

でも、
皆さんは、
あまりこういう食べ方をまねしない方がいい。

彼女との初デートで、
しゃれたレストランで(もちろんそば屋だっていい)食事をした時に、
このような食べ方をしていたら、、、
、、、おそらく、二回目のデートはないだろうなあ。

まさに、
食いしん坊の食べ方なのだ。
見ていて、あまり、上品な食べ方とは言えない。

でも、事情が許せば、
舌ばかりでなく、
ときには、口全体で食べ物を味わってみれば、
同じ食べ物でも、また、違うおいしさを発見できるかもしれない。

開高健のいう、今まで知らなかった味、
「新しい天体」と、
出会うことができるかもしれない。

まさか私、
無意識にそういう食べ方、
食いしん坊的食べ方を、していないだろうなあ、、、、。
自分じゃ分からん。

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« 今年のきのこは? | トップページ | いまだに「不敬の輩(やから)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のきのこは? | トップページ | いまだに「不敬の輩(やから)」 »