« 早々と「新そば」に切り替え。 | トップページ | そばは、箸を縦にして、上からつまむと格好良く食べられる。 »

2013年9月30日 (月)

百人百色〜そばの食べ方。

この夏も大勢の方に、
こんな路地裏のそば屋まで脚を運んでいただき、
ありがたい限り。

「かんだた」の一階は、
オープンキッチンとなっていて、
カウンターからは、
私の仕事ぶりが丸見え。

逆に私の方からは、
お客様が、
そばを召し上がっていただく姿が丸見えなのだ。
その姿を見ていると、
たかが、せいろそばの食べ方一つにしても、
食べる方に依って、ずいぶんと違うものだと思ってしまう。

箸の使い方、そばのつまみ方、
そばのさばき方、汁の付け方、口へのすすり方、
舌の使い方、お食べになる姿勢、、、、
などなど、それぞれに食べる方の特長があるのだ。

みなさん、長い間の習慣とか、
そばへの想いとか、
子供の頃のしつけとか、
何げないクセとかが、
そばをお食べになる姿に現われるのだろう。

中には、
実に、実に珍しい、、
いや、普通のそばの食べ方としては、
少々変わった食べ方をする方もいらっしゃる。

たとえばねえ、、、、
と、つい話したくもなるが、
そんなことを、あげつらったりするのは、
お客様に失礼なこと。
ようは、その方が、
自分がおいしいと思う食べ方をしていただければいいのだ。

本当にそばが好きな人、
食べ物をおいしく食べようとしている人は、
それなりの食べ方をされる。
なんでもいいから、お腹に入ればいいという方は、
それなりの食べ方をされる。
ちょっと、そば通ぶって格好をつけようとする人は、
それなりの食べ方をされる。

まあ、その人がおいしいと思うやり方で、
召し上がっていただけばいいのだ。

ただ、
近頃気になるのは、
そば猪口を置いたまま、
つまり、手で持たないでせいろそばを召し上がる方が、
多く見受けられること。

近頃流行ってきた、
ラーメンのつけ麺の影響かなあ、
などと思ってしまう。
そば猪口を手に持たないと、
どうしても、前屈みになってしまう。
そのようにものを食べる姿勢は、
ちょっと、見た目のいいものではない気がする。

お客様の中には、
どうしてそばが、長く細いものなのかを、
よく理解して見事に召し上がる方もいらっしゃる。
そういう方に召し上がっていただくと、
そばも、ぴちぴちと喜んでいるみたいだ。
この前も、一人で来られた、
若い女性が、小さな口元から、
喉に抜けるようなそばの食べ方をされると、
舞い上がってしまうぐらいうれしかったね。

とにかく、
そばの食べ方は、
人それぞれ。
こんなに違うものなんだと、
調理場から見ていると感心するのだ。

かくいう私の食べ方は、、、、
、、見たことがないので分からないね、ハハハ。

 
 
 

→→→人気blogランキング

 

 

 


|

« 早々と「新そば」に切り替え。 | トップページ | そばは、箸を縦にして、上からつまむと格好良く食べられる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早々と「新そば」に切り替え。 | トップページ | そばは、箸を縦にして、上からつまむと格好良く食べられる。 »