« やはり強烈、そばの花の匂い! | トップページ | 百人百色〜そばの食べ方。 »

2013年9月26日 (木)

早々と「新そば」に切り替え。

先々週から、
いよいよお待ちかね、
「新そば」に切り替わった。

今年は、例年に比べて、
切り替わりがかなり早い。
いつもだと、確実に量と品質が揃うまで、
なかなか「新そば」に切り替えないそば粉屋さんなのだが、
今年は、早々と体制が整ったようだ。

この時期は毎年、
一番先にそばが採れる、北海道の生産者と、
製粉加工業者との間で、
価格をめぐってつばぜり合いが繰り広げられるらしい。
それが決まらないと、
そばが実際に出荷されないという。
ところが、
政府の補助金が出るというので、
昨年からそばの作付けがぐっと増えた。
そして、
国内産のそばが、だぶつき気味という話を聞いている。

その影響もあって、
すんなり、そばが動いたのかなあ、、、
などと、勝手に憶測している。

けっして、夏まで保管していたそばが、
まずい訳ではないし、
逆に、ある種の甘味が出て味わいがある。
でも、
「新そば」になると、
あっ、これがそばの魅力なのだな、、、
と、いつも再認識させられる。

甘味や味の濃さはヒネに劣るが、
何より、ふわっとした食感と、
一口目に感じる爽やかな風味がなんともいえない。

打ってみても、
水加減こそうるさいものの、
捏ねれば膨らみ感があり、適度な抵抗感がある。
茹でても、
細かく切れた、いわゆる「ざるっぱたき」がほとんどない。
若々しい艶のある、しっかりとした麺線に仕上がっている。

という「新そば」。
先ずは北海道産から。
長野産が混じるのはもっと先のこと。

でもね、
正直な話をすると、
そば屋がこんなことを言っていいのか分からないが、
もちろん「新そば」もおいしいが、
少し経つと、
もっとおいしくなるのだなあ、これが。

何はともあれ、
今年もそばが豊作でありますように!

(ついでに長野の特産、マツタケも豊作でありますように!ゴクッ。)

Sinsoba

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

|

« やはり強烈、そばの花の匂い! | トップページ | 百人百色〜そばの食べ方。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり強烈、そばの花の匂い! | トップページ | 百人百色〜そばの食べ方。 »