« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

百人百色〜そばの食べ方。

この夏も大勢の方に、
こんな路地裏のそば屋まで脚を運んでいただき、
ありがたい限り。

「かんだた」の一階は、
オープンキッチンとなっていて、
カウンターからは、
私の仕事ぶりが丸見え。

逆に私の方からは、
お客様が、
そばを召し上がっていただく姿が丸見えなのだ。
その姿を見ていると、
たかが、せいろそばの食べ方一つにしても、
食べる方に依って、ずいぶんと違うものだと思ってしまう。

箸の使い方、そばのつまみ方、
そばのさばき方、汁の付け方、口へのすすり方、
舌の使い方、お食べになる姿勢、、、、
などなど、それぞれに食べる方の特長があるのだ。

みなさん、長い間の習慣とか、
そばへの想いとか、
子供の頃のしつけとか、
何げないクセとかが、
そばをお食べになる姿に現われるのだろう。

中には、
実に、実に珍しい、、
いや、普通のそばの食べ方としては、
少々変わった食べ方をする方もいらっしゃる。

たとえばねえ、、、、
と、つい話したくもなるが、
そんなことを、あげつらったりするのは、
お客様に失礼なこと。
ようは、その方が、
自分がおいしいと思う食べ方をしていただければいいのだ。

本当にそばが好きな人、
食べ物をおいしく食べようとしている人は、
それなりの食べ方をされる。
なんでもいいから、お腹に入ればいいという方は、
それなりの食べ方をされる。
ちょっと、そば通ぶって格好をつけようとする人は、
それなりの食べ方をされる。

まあ、その人がおいしいと思うやり方で、
召し上がっていただけばいいのだ。

ただ、
近頃気になるのは、
そば猪口を置いたまま、
つまり、手で持たないでせいろそばを召し上がる方が、
多く見受けられること。

近頃流行ってきた、
ラーメンのつけ麺の影響かなあ、
などと思ってしまう。
そば猪口を手に持たないと、
どうしても、前屈みになってしまう。
そのようにものを食べる姿勢は、
ちょっと、見た目のいいものではない気がする。

お客様の中には、
どうしてそばが、長く細いものなのかを、
よく理解して見事に召し上がる方もいらっしゃる。
そういう方に召し上がっていただくと、
そばも、ぴちぴちと喜んでいるみたいだ。
この前も、一人で来られた、
若い女性が、小さな口元から、
喉に抜けるようなそばの食べ方をされると、
舞い上がってしまうぐらいうれしかったね。

とにかく、
そばの食べ方は、
人それぞれ。
こんなに違うものなんだと、
調理場から見ていると感心するのだ。

かくいう私の食べ方は、、、、
、、見たことがないので分からないね、ハハハ。

 
 
 

→→→人気blogランキング

 

 

 


| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

早々と「新そば」に切り替え。

先々週から、
いよいよお待ちかね、
「新そば」に切り替わった。

今年は、例年に比べて、
切り替わりがかなり早い。
いつもだと、確実に量と品質が揃うまで、
なかなか「新そば」に切り替えないそば粉屋さんなのだが、
今年は、早々と体制が整ったようだ。

この時期は毎年、
一番先にそばが採れる、北海道の生産者と、
製粉加工業者との間で、
価格をめぐってつばぜり合いが繰り広げられるらしい。
それが決まらないと、
そばが実際に出荷されないという。
ところが、
政府の補助金が出るというので、
昨年からそばの作付けがぐっと増えた。
そして、
国内産のそばが、だぶつき気味という話を聞いている。

その影響もあって、
すんなり、そばが動いたのかなあ、、、
などと、勝手に憶測している。

けっして、夏まで保管していたそばが、
まずい訳ではないし、
逆に、ある種の甘味が出て味わいがある。
でも、
「新そば」になると、
あっ、これがそばの魅力なのだな、、、
と、いつも再認識させられる。

甘味や味の濃さはヒネに劣るが、
何より、ふわっとした食感と、
一口目に感じる爽やかな風味がなんともいえない。

打ってみても、
水加減こそうるさいものの、
捏ねれば膨らみ感があり、適度な抵抗感がある。
茹でても、
細かく切れた、いわゆる「ざるっぱたき」がほとんどない。
若々しい艶のある、しっかりとした麺線に仕上がっている。

という「新そば」。
先ずは北海道産から。
長野産が混じるのはもっと先のこと。

でもね、
正直な話をすると、
そば屋がこんなことを言っていいのか分からないが、
もちろん「新そば」もおいしいが、
少し経つと、
もっとおいしくなるのだなあ、これが。

何はともあれ、
今年もそばが豊作でありますように!

(ついでに長野の特産、マツタケも豊作でありますように!ゴクッ。)

Sinsoba

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

やはり強烈、そばの花の匂い!

台風が走り去ったとたん、
ぐっと秋風を感じるようになった長野の街。

さて、先週はやっと少しの休みをいただき、
長野県は南の方にある駒ヶ根に行ってきた。
同じ長野県とはいえ、
私の住んでいる北部の長野市からは、
駒ヶ根辺りは、ずいぶんと遠く感じていた。
でも、高速バスで行けば2時間少々、
意外と簡単に行けるところなのだと実感した。

高速バスの車窓から観ていると、
岡谷から、駒ヶ根のある伊那谷に入ると、
折しも満開の花をつけたソバ畑が、
けっこう目に付いた。
ところどころ、飛び飛びにあるところから、
田んぼを転用したのだろう。
なるほど。

駒ヶ根には、光前寺という、
太い杉の木に囲まれた、
苔のきれいなお寺がある。
高速のインターから、そのお寺まで歩いてみた。
そして、その参道の周りにも、
たくさんのソバが植えられていた。

そばの花は白く、
まだ暑さの残る日差しの中で、
まぶしく輝いている。
やや雲が多いが、
向こうに見えるのは南アルプスの峰々。
なかなかの絶景だ。

でも、緩い風が谷の方から登ってくると、、、
、、何だ、この匂いは!

周りに昔ながらの牛小屋がある訳ではない。
伝統的なスタイルの、
ある肥料を貯めておく穴がある訳ではない。

いや、それとも違う、
やや甘さを伴った匂いだ。

この匂いは、もちろん前から知ってはいたが、
今回はたまたま条件が揃っていた(?)せいか、
かなり強いものに感じた。

このソバ畑の近くに住む人は、
ずっとこの匂いに囲まれる訳だから、
大変だろうなあ。
で、実際、農家でない民家の人たちからは、
苦情も出ているそうだ。

ソバは、山の畑に咲いていれば文句も出まいが、
住宅地近くの田んぼを転用して、
こんな匂いを出せば、
恨まれても仕方がない。

風にそよぐソバ畑は、
白い花と、薄い緑の葉の混じり合って、
とても、爽やかな感じがするものだ。
でも、まさか、
こんな匂いがするとは、
多くの人は結びつかないことだろう。

だから、
もし、咲き始めのソバ畑があったら、
ぜひ、この匂いを嗅いでいただきたい。
ずっと、嗅いでいれば、
そのうちに、いい匂いと感じることがあるかも、、、。

Sobanohana

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

今回は「生活習慣病予防健診」。

私は、このように、
長野の町の、ほんの目立たないところで、
細々とそば屋をやらしていただいている。
ありがたいことに、こんなそば屋でも、
わざわざ寄っていただく、
風変わりな、、、、、
ゴホッ、いや、奇特なお客様に恵まれたおかげで、
なんとか、今まで営業してこられた。
そして、これからも、
続けていくように、努力をしていかなければと思っている。

そして、そば打ちを続けていくために、
店を続けていくために、一番大切なこと。
それはもちろん、手を抜かずおいしいそばを作り続けることだ。
そして、そのためには、私が元気なことが必要なのだ。

ところが、どうも、
時々鏡を見ると、見たこともないジジイが映っている。
最近のデジタル技術はすごいなあ、、、、
、、ではない、リアルな現実を見つめなければいけない。

そろそろ、今まで以上に、
身体のことに気を使わなければならない歳になってきたようだ。

そこで、今年は、
いつも行っている市の健康診断ではなく、
商工会議所で斡旋していた、
「生活習慣病予防健診」なるものを受けることにした。
いわゆる「人間ドック」を、
やや簡素にした検査だ。

受けたのは病院ではなく、
成人病の検診を主に行っている施設。
だから、周りに「プロの病人」がうようよしているいる訳ではないので、
雰囲気が明るい。
40人から50人ぐらいの方が一緒に検査をうけた。
さすが、
こういう場所に来る方は、
健康意識の強い方々なのだろう、
一見して、メタボ体型の方はいらっしゃらない。

初めて受ける検査もあった。
例えば、眼圧検査。
機械の中の光を見つめていたら、
いきなりブワーと、眼に空気を吹き付けられるのだ。
これにはびっくりした。

肺機能検査には、
ちょっとしたコツが必要なようだ。
単なる肺活量だけではなく、
勢い良く空気を吐き出さなければいかないのだ。

胃のバリウムを飲んでの検査は、
何回かしたことがあるが、
今回はずいぶんと長くかかって、
台の上で、いろいろと動き回らなければならなかった。

そして、ここのすごいのが、
午後からの、
診察結果の評価とともに、
健康指導、運動指導、歯科指導、栄養指導などがあることだ。

幸いなことに、診察結果には、
大きな問題はなかった。
でも、歯科の人にはすぐに医院に行くように言われてしまった。

たまにはこうして、
自分の身体を見て見るのも大切だなと思う。
特に保健士さんにも言われたのだが、
健診は、病気を発見するためのものではなく、
病気を予防するためのものなのだ、
という話に納得。
その中でも、一番大切なのが、
日々食べているものなのだね。

ということで、
もう少しだけお腹をへこます努力をしながら、
元気にそば打ちを続けていきたい。

Entrada

 

→→→人気blogランキング

 

 

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »