« そば屋はネギをよくあんなに薄く切るものだ、、と感心している人がいた。 | トップページ | 長野では今がソバの種まきの季節。 »

2013年7月29日 (月)

自家製無農薬の夏野菜たっぷりの会席コース。

かんだたの会席コースの「十割そば膳」は、
地元長野の、
あるいはかんだた農園の野菜を中心とした料理となる。

お電話などの問い合わせで、
よく間違えられるのが、
野菜の天ぷらが、どかっと山盛りで出てくると思われていることだ。
残念ながら、
かんだたは、天ぷらをお出ししていないので、
他の料理。
だからといって、煮物だけではない。

やっと、
畑の野菜も穫れ始め、
彼らに活躍してもらってのコース料理。
時々は、皆さんに紹介させていただこう。

 

Cruso1

 

 手前右側から時計回りに、

「ふき味噌を載せたそば豆腐」、
「小川村のクラカケ豆のひたし豆」、
「そば汁で炊いた根菜の炒り煮」、
「ニシンの煮付けにスティックブロッコリー」、
「善光寺キュウリのかえし漬け」と、「フルーツトマトの甘酢漬け」、
「鴨ロースの梅しょうゆソース」に「ワサビ菜」。

 

 

Cruso2

 

「畑の無農薬ナスの揚げ浸し」
ナスを揚げたあと、そば汁に浸してある。

 

 

Cruso3

 

「塩イカとキュウリの粕もみ」
だいたい「塩イカ」が売られているのは、
日本広しといえども、この長野県だけなのだそうだ。
海なし県だからこそ育まれた、保存食を使った、
地元の人には当たり前の一品。
県外から来られた方には、
きちんと説明しないと判ってもらえない。

 

 

Cruso4
 

「そばスープのジュンサイがけ」
昆布だしでそば粉を溶き、塩だけで味付けしたそばスープ。
冷やして、ジュンサイの酸味と一緒にいただく。

 

Cruso5

 

「モロッコインゲンと豚肉の卵とじ」
モロッコインゲンというから、
てっきり北アフリカ産かと思ったら、
もともとアメリカ原産のインゲンを日本で品種改良したもの。
なんでも、そのころ映画「カサブランカ」が流行っていたからだそうだ。
これも、畑でよくできる野菜。
この前収穫した無臭にんにくも、少し使っている。
卵は松代産。

 

 

Cruso6
 

そばを揚げた「巣ごもり」。
これが好きな方が多いので、
ちょっとボリュームが多いが、コースから外せない。

そして最後は、
もちろん「十割そば」。
これが主役。

 

Cruso7

 

 

というのが、
今の季節の「十割そば膳」。
その時の野菜の採れ具合に依って、
内容が変わることもあるけれど、
とにかく、野菜がいっぱいのコースなのだ。

夏の野菜は、
身体の調子を整える働きがあるという。
そんな野菜を、
さりげなく、召し上がっていただきたいなあ、、
と思っている。


→→→人気blogランキング

 

 

 

 


 

|

« そば屋はネギをよくあんなに薄く切るものだ、、と感心している人がいた。 | トップページ | 長野では今がソバの種まきの季節。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そば屋はネギをよくあんなに薄く切るものだ、、と感心している人がいた。 | トップページ | 長野では今がソバの種まきの季節。 »