« 長野県民は日本一、いや、世界一の長生き。 | トップページ | 長野産のそばがだぶついている? »

2013年5月17日 (金)

一緒に植えれば良く育つ「コンパニオンプランツ」

びっくりしたねえ。
いきなり31度だもの。

先週まで、朝の霜の心配をしていたのに、
この水曜日の長野の気温は、
全国の観測地点の中でも、
一番高かったそうだ。

その暑さの中、
畑の苗の植え込みをした。
日差しは強く感じるが、
湿度が無く、風が強かったせいか、
カラッとした暑さだ。

毎年のごとく、
長ナス、丸ナス、フルーツトマト、
万願寺とうがらし、タカノツメ、
善光寺キュウリ、、などなどの苗を、
一つずつ、ていねいに植えていく。

Huerta1
畑の肥料には、
EMぼかし菌というものをばらまき、
出来るだけ、少ない化学肥料で、
野菜を育てるようにしている。

さらに、
農薬はまったく使わないので、
病気や、虫が付かないように、
注意が必要だ。

そこで最近知ったのが、
コンパニオンプランツというもの。
いくつかの野菜を、
同じ場所に植えることによって、
互いに成長をを促したり、
虫の飛来を防いだりするという。

例えば、
ナスは長ネギと一緒に植えるといいらしい。

Hueruta2
そこで、
ナスの根元には、植え残っていたネギの苗を。
そして、金銀の反射テープを結びつけて、
苗の大敵、アブラムシの飛来を防いでいる。

トマトはニラと一緒に、
キュウリもネギと植えるといいらしい。
キャベツは間にレタスを挟むと、
モンシロチョウがやって来ないとか。

なるほど、薬を使わずとも、
そうやって、
虫や病気の予防、相互の成長の助けになるのだ。

薬を使わない野菜を育てるために、
こういう組み合わせは、
もっと工夫してみたいものだ。

そばの世界でも、同じようなことがあるのかもしれない。

例えば、
そばには「ルチン」という、
血管を強化するといわれている物質が含まれるが、
これは、少量のビタミンCと一緒に食べると、
吸収されやすいらしい。
だから、かんだたでは、
野菜とそばの組み合わせをお勧めしている。

あるお客様のおっしゃるには、
「そばには、日本酒!」
なのだそうで、
これもいわゆる「コンパニオンなんとか」なのかもしれない。


→→→人気blogランキング

 


|

« 長野県民は日本一、いや、世界一の長生き。 | トップページ | 長野産のそばがだぶついている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野県民は日本一、いや、世界一の長生き。 | トップページ | 長野産のそばがだぶついている? »