« 一泊で退院、「そけいヘルニア」の手術 | トップページ | 花の善光寺とお土産少々。 »

2013年4月15日 (月)

ブランドとして定着している「常陸秋そば」

茨城県は、ここ長野県と同じぐらい、
「そば」の栽培の盛んなところ。
特に北部の丘陵地帯では、
質のいい「そば」が採れるといわれている。

そこで栽培されているそばの品種が、
「常陸(ひたち)秋そば」と呼ばれるもの。
特にそばの香りに優れているのだそうだ。

この品種は、
常陸太田市の金砂郷(かなさごう)地区で、
古くから栽培されていた在来種を、
選別育成する方法によって生まれた。

品質のばらつきを押さえるために、
栽培方法を統一し、
厳密な種子の管理をおこなってきたという。
そうして、
「常陸秋そば」という、
そば好きだったら、思わずよだれがでそうな、
しっかりとしたブランドが出来上がったのだね。

こういう方法は、
長野でも見習いたいところ。
なにしろ長野では、種子も栽培管理も、
各生産者でバラバラなのが現状なのだから。

この「常陸秋そば」を食べることのできるそば屋さんが、
生産地である常陸太田市には何十軒もある。
本州では有数の産地なので、
雑誌に取り上げられたり、
テレビで紹介されたりと、
ずいぶんと知られてきているようだ。

きっと、
そば屋さんにも、
そば好きな方々が押し寄せていることだろうなあ、
と、思っていたら、、、、、、。

茨城から来られたお客様のお話を聞いてみると、
いま、それらのそば屋さんが、
苦労されているとのこと。
あの震災以降、
訪れる人が、かなり減ってしまったとか。
福島県に近いということも、
影響があるのだろうか。

そのお客様から、
きれいな小冊子をいただいた。
常陸太田市の作った、
市内のそば屋を紹介するものだ。
ずいぶんと、たくさんの、
そして、それぞれ特長的なそば屋さんがある。
こうやって、地域全体を盛り上げようとしているのだね。

長野のそばの業界も、
このように統一した流れを作ることができればいいのに、、
とは思いながら、
茨城のそば屋さんたちのがんばりに、
心からの応援を送りたい。

皆さん、
機会があったら、
茨城のそばも食べましょう。
「常陸秋そば」ですよ!


Hitachiakisoba

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

|

« 一泊で退院、「そけいヘルニア」の手術 | トップページ | 花の善光寺とお土産少々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一泊で退院、「そけいヘルニア」の手術 | トップページ | 花の善光寺とお土産少々。 »