« 圧倒されてしまった飲食サービスの展示会。 | トップページ | そばの正式な食べ方は、、、。 »

2013年2月26日 (火)

「特別純米酒」をお燗で飲む。

長野は、昨日今日と朝は猛烈に冷え込んだ。
昨日はマイナス9度、
今朝もマイナス8度まで下がったようだ。

このような寒い時に飲むお酒といえば、
やはり、日本酒を燗で召し上がる方が多い。

「かんだた」でお出ししている燗酒は、
地元長野の小さな酒蔵の銘柄、
「信濃光(しなのひかり)」を使っている。

Sake1
この酒は「特別純米」という種類だ。

「純米酒」とは、
米、米こうじ、そして、水だけで作られた酒のこと。
普通の酒のように「醸造用アルコール」を加えていない酒のことだ。
精米歩合が70パーセント以下で、
香りや色が良好なことが「純米酒」と呼ばれる条件の中に入っている。

その中でも「特別純米」とは、
精米歩合60パーセント以下の米を使い、
製造上特別な工夫がされたものに付けられる名称。

ほら、ラベルの表示はこうなる。

Sake2

うん、なんだか難しいけれど、
とにかく特別な手間をかけて作られたらしい。
普通であれば、このクラスの酒は、
冷やして飲まれることが多い。
逆に温めると、香りのバランスが壊れてしまう酒もあるからだ。

ところがどっこい、
この「信濃光 特別純米」はたくましい。
冷やしたり、冷や(常温のこと)で飲んでも、
まあ、それなりのお酒だけれど、
温めると独特の豊かな香りが広がる。
それもそのはず、
この酒は「花酵母」といわれる、
花から取り出した酵母が使われているらしい。

そんな香りのよさが気に入って、
お燗用にはこの酒を使っている。
ちょうど一合(きちんと180mlのこと)入る徳利で650円。
そばには、やっぱり、日本酒が合うなあ、、
と、酒に弱い?私は思っている。

ところで、
いろいろな銘柄の「純米酒」を、
仕事のために、嫌々ながら味見をしているのだが、
中には、「これで純米?」と首をかしげたくなる酒もある。
そうかといえば、
味見だけでは物足りなくなる酒もある。
「純米酒」は他のものを添加して調整できないので、
酒蔵としては、造りも管理も難しい酒なのだそうだ。

そこで少量の「醸造用アルコール」を加えると、
品質が安定するのだが、
そうすると、「純米酒」とは呼べなくなる。

ところが、先日、
関西のある酒蔵が、
「醸造用アルコール」の入った「純米酒」を販売したとして摘発された。
なんと、
国税局の中に、
ちゃんと酒を調べる部門があって、
成分を分析して明らかになったのだそうだ。

安心して「純米酒」というラベルの酒を飲めるために、
そういう管理も必要なのだ。
というより、
製造、販売する人に、
それなりの倫理観が求められているのだろう。

それにひきかえ、
そば屋の世界は、、、、、
なんて話は、
せっかくの燗酒がまずくなるのでやめておこう。

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 


|

« 圧倒されてしまった飲食サービスの展示会。 | トップページ | そばの正式な食べ方は、、、。 »

コメント

先日はお世話様でした。
冷やでも燗でも味のくずれない酒というのはいいものですね。
今季の西飯田さんの出来も好い感じです。
もうすぐ山廃を搾るとのこと、楽しみです^^

投稿: 飲兵衛美容師 | 2013年2月27日 (水) 17時44分

飲兵衛美容師 さん、こんにちは。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
見事な飲みっぷりに、つねづね、感心させられております。
この蔵の酒、だんだんと安定してきたようですね。
山廃とは、楽しみです。あの店で、味見ですね、、嫌々ながら、、、。

投稿: かんだた | 2013年2月27日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 圧倒されてしまった飲食サービスの展示会。 | トップページ | そばの正式な食べ方は、、、。 »