« 守る人がいるから温泉がある。 | トップページ | 包丁で小間板を送る〜〜意識はしていないけれど。 »

2013年2月 3日 (日)

広めたい「節分そば」の習慣。

今日は節分。
善光寺や権堂秋葉神社では、
毎年、盛大に豆まきが行われている。

そして明日は立春。
いよいよ季節は春へと移り変わる。
その前に、
身を清め、厄を払うおまじないをする訳だ。

それが豆まき。
今頃、追い出された鬼は、
寒空の下、どうしているのだろう、、。

実は、江戸の昔には、
節分にそばを食べる習慣があったらしい。
立春を正月と考えれば、
節分は大晦日。
そこで、年越しそばと称して、
節分にそばを食べていたらしい。

ということで、ほぼ毎年、
かんだたではこの日に、
「節分そば」をご用意させていただいている。

Setubun2

薄い緑色したそばは、
青豆を粉にした「ウグイスきな粉」を打ち込んだもの。
鬼を払う豆を食べて、
厄を払おうという趣向だ。

毎年節分に作るこの「きな粉切り」だが、
そばにするには、ちょっと難しいところがある。
伸びのないデリケートな麺質となるので、
撫でるように麺棒を転がして、
そばに仕立てていく。

Setubun1

コンビニや一部スーパーでは、
そばのコーナーに「節分そば」などと言う表示がある。
でも、この節分にそばを食べるという習慣は、
あまり定着していない。

聞く所によると、
長野では、節分には長イモを食べる家庭が多いという。
なんでも、長イモの形が、鬼の角に似ていて、
それをすりおろしているところを見た鬼が、
怖がって逃げていった、、、という話があるらしい。

なるほど、地域によって、
節分の日の風習がいろいろあるのだね。

それにしても、
恵方巻なんぞが、あっという間に広まったりしているけれど。
だから、節分にそばを食べるという習慣も、ぜひ、
広まって欲しいものだ。

ちなみに本日の節分そばを召し上がった方には、
豆を煎った「福豆」をお付けした。
年の数だけ食べれるようにと、
およそ、お客様のお年に合わせた数を、
皿に盛って、お出しした。
今日に限って若い方が多く、
だいたいみんな18個〜20個ぐらい。
まあ、
最近は、
私の目も、だいぶ悪くなっているようだが、、、。

Setubun3

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

|

« 守る人がいるから温泉がある。 | トップページ | 包丁で小間板を送る〜〜意識はしていないけれど。 »

コメント

2/2
初めてお伺いしました。
とっても美味しくいただきました。

あと1日余裕があれば2/3の節分をお味わえたんですね。

甥っ子に呼ばれて善光寺

スケート大会の応援で長野に行け
しかも、素敵なお店に出会えました!

すべてに感謝いたします。

お腹がとっても笑顔になった夫婦より

投稿: 横浜組 | 2013年2月 4日 (月) 11時52分

横浜組 さん、こんにちは。

ご来店ありがとうございます。
スケートの応援に来られたのですね。
喜んでいただき、恐縮です。

時々、このような変わりそばを作っています。
ブログにも、勝手なことばかり書いておりますが、よろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2013年2月 5日 (火) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 守る人がいるから温泉がある。 | トップページ | 包丁で小間板を送る〜〜意識はしていないけれど。 »