« 「霧下そばですか?」と聞かれても、、、。 | トップページ | 「特別純米酒」をお燗で飲む。 »

2013年2月23日 (土)

圧倒されてしまった飲食サービスの展示会。

久しぶりに東京へ出て、
厨房器具の展示会を見てきた。

Img_0134
特に調理場の改装の予定はないが、
新しい厨房器具やサービス機器などを見ておきたかったからだ。

いや、
すごいね。
最近の調理場で使われる器具は良く工夫されている。
そして、
大量に、均一に料理を作る機械が幅をきかせている。

かと思ったら、
昔ながらのフライパン、ガスコンロに、
ちょっとしたアイデアがあったりして。

面白かったのは、
店で使っている業務用冷蔵庫ぐらいの大きさのストッカーで、
レタスが育てられる、野菜工場と呼ばれるもの。
LED電球の光だけで、
野菜が種から育てられ、収穫できる。

なるほど、これなら、店の一角に置いて、
お客様の目に見えるところで、
新鮮な野菜を提供することも出来るのだね。
そういう野菜を食べたいと思うかどうかは、
別の問題としても。

寿司を握るロボットも進化していて、
大きなものから、小さなものまでいろいろな種類があった。
小さいのに、ちゃんと、持ち帰り用の、
包装までしてくれる機種もある。
係の人のいう通り、
その日が初めてのパートさんでも、
寿司が握れる、いや、作れてしまうのだ。

コーヒーサービスのコーナーでは、
懐かしのサイフォン式の機械を発見。
アルコールランプではないけれど、
下からライトで加熱する。
また復活するのだろうか。

カフェなどにしても、
洋食系のサービスにしても、
けっこう、お客様に、
見せるところを意識したような提案が多い。
デモンストレーションをやっているコーナーはなかなかの人だかり。

それに比べて、
そば関係の器具といえば、
相変わらず無骨な実用本意。
そば釜も、どこも同じような形で、
代わり映えがないなあ。

ということで、
広い会場を、人ごみに紛れながら、
あちこちうろうろ。
面白いけれど、疲れたことも確か。

それにしても、
展示場の東京ビックサイトのある、
お台場周辺の光景は、
巨大な建築模型を見ているようで、
馴染めないのは年のせいか。

Img_0130

で、
その後上野で「エル・グレコ展」。
ここで、
心がポッと暖かくなった、
せわしい東京日帰り(高速バスで)。




 


|

« 「霧下そばですか?」と聞かれても、、、。 | トップページ | 「特別純米酒」をお燗で飲む。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「霧下そばですか?」と聞かれても、、、。 | トップページ | 「特別純米酒」をお燗で飲む。 »