« たかが「そばがき」、されど、、、。 | トップページ | メンテナンス »

2013年1月18日 (金)

「寒中そば」

長野市の今日は、
最高気温が氷点下という真冬日だった。
一年で一番寒いといわれるこの季節。
いわゆる「寒(かん)」と呼ばれている。
今は「小寒」、そして、20日からは「大寒」となる。

かんだたで使う卵は、
松代の農家の人が届けてくれる。
庭先で、昔ながらに育てている、
ニワトリが生んだ卵だ。

さすがに、寒い時にはニワトリの動きも鈍り、
卵をあまり産まなくなるのだそうだ。
でも、この寒い季節に生んだ卵は、
滋養が豊富で、
「食べると健康に過ごせる」といわれている。

いわゆる「寒たまご」と呼ばれるものだ。
今では、この卵を使ったお菓子なんぞが、
限定品で売り出されていたりする。

さて、
この寒い季節に石臼で挽いたそば粉も、
寒さにあたって、
すっかりとうま味が増している。

、、いや、増していることと思う。
、、いや、増しているかもしれない。
まあ、そんなこともあるかも、、、
ということで、はっきり言えない。

でも、私としては、
この季節のそばが一番好きだ。
打ってみても、
水の吸い込みが良く、
すっと素直に延びていく。
茹でれば、ぽっと膨らみ、
冷たい洗い水で、きりっとしまる。
手繰ってみれば、喉の奥から、
ホワッとした甘味が浮かんでくる。

生意気な香りのプンプンとした新そばの頃から比べると、
風味が落ち着き、そばの甘味がもっとも増す季節だ。
私は、今が、そばの味の、一番おいしい時ではないかと思っている。

でも、哀しいかな。
この季節は、一年のうちで、
お客様のもっとも少ない季節でもあるのだ。

もちろん、
そばの味を楽しむのであれば、
冷たいそば、
つまり、「せいろ」で楽しむのが一番。
本当にそばのおいしさを、
喉と胃袋で感じられる、、、(舌ではないよ)、、、。

ところが、
ところがなのだ。
先日あるところで、
そんな話をしたら、
驚かれてしまった。

「ええっ!
 冬でも冷たいそばを食べるのですか?
 キャ〜!。」

そんなことで、驚かれるなんて、
こちらの方こそ「キャ〜!」と叫びたい。

どうやら、世の中には、
「冷たいそばは夏に食べるもの」と思われている人種が、
いつの間にか増殖しているようだ。
昔であれば、
「夏のそばはまずくて食えない」というのが、
当たり前に語られていたのに。

冬にだって
冷たいビールを飲む人もいるし、
アイスクリームだって売れている。
冷たいそばを食べるからって、
変わり者扱いされてはたまらない。

冬に冷たいそばを食べる人が変人ならば、
それを作っている私は、何なのだろうなあ。

これはぜひ、
冬に冷たいそばを食べる習慣を広めなければ。
そんなことは、とうに承知と言っている、
そば通の皆様にばかり、頼っている訳にもいかない。

ということで「寒中そば」。
これを食べれば、
運が開け、健康に過ごせること間違いなし。
根拠はないけれど、、、、、、。

とにかく、
私は、この時期のそばが好き。
美味しいものは、
密かに、黙って楽しむのも、
うひひ、、、、、いいかもね。


 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 


|

« たかが「そばがき」、されど、、、。 | トップページ | メンテナンス »

コメント

仙台の片隅から時折のぞかせていただいています。

数年前、近所になかなかいい仕事をする蕎麦屋さんが出来まして、それから美味しい蕎麦に目覚めた若輩者です。
私も冬の季節は冷たいお蕎麦が一層美味しく感じていました。
寒晒し蕎麦もありますし。

夏も冬もせいろ、もりと冷たいお蕎麦を食べ歩いていましたが、先日余りにも寒い日、先の近所のお店で温かい玉子とじ蕎麦を注文したのです。
ビックリしました!
七味をかけるのでさえ最後まで躊躇させる上品な汁。
ふわっふわっの玉子との完璧な調和というかハーモニー。
それこそ蕎麦の中に「宇宙」を感じました。
確かに蕎麦の香り、味、喉ごしを愉しむなら冷たいお蕎麦なんでしょうけれど、それとはまた別のところにあの玉子とじ蕎麦はありました。
ふと考えてみると温かい蕎麦は茹がいたあと一度水で締めて温かいダシのばした汁で供するという、冷たいお蕎麦より手間がかかっているように思います。
なのにかけも、もり・せいろと同じ値段のところが多いですね。

投稿: ちゃわんむし | 2013年2月 2日 (土) 16時42分

ちゃわんむし さん、こんにちは。

この時期、温かい種物もなかなか乙なものです。
私も、冷たいそばを食べろ、、と言っておきながら、他のそば屋に行くと、海苔の乗った「花巻」なんぞを頼んだりします、、すみません。

確かに、温かいそばを普通の作り方をするのであれば、「せいろ」よりすこし手間がかかりますね。私の店では、温かいそばは冷たい水を通さない「ぶっかけ」でお出しするので、あまり抵抗はありませんが。

投稿: かんだた | 2013年2月 3日 (日) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たかが「そばがき」、されど、、、。 | トップページ | メンテナンス »