« 遊び心 | トップページ | 広めたい「節分そば」の習慣。 »

2013年1月27日 (日)

守る人がいるから温泉がある。

案内してくれたおじさんが、
温泉の井戸のところで何かをしている。

Gensen1
そして、
長い金属の棒を使ってバブルを回すと、、、、

Gensen2
なんと、お湯が吹き上げてきた。
このお湯、90度以上の高温。

Gensen3
地下70メートルから、
自然に沸き上がって来るのだそうだ。

Gensen4
高さ五、六メートルまで吹き上げている。
いや、雪模様でよくわからないが、それ以上かな。

Gensen5
山ノ内町の渋温泉、
そこの金具屋という宿に泊まったのだが、
そこの宿では、三カ所ある源泉を案内してくれる。

驚いたのは、
旅館の建物のすぐ下にも、
源泉があることだ。
深さ五メートルぐらいの岩の割れ目から、
湯が滲み出ているのだと言う。

その他にも、温泉街の中に、
こちらは空気圧を使ってくみ上げている温泉井戸がある。
そして、この自噴泉だ。

この90度という温度を利用して、
旅館の暖房を、数年前から、
温泉を使ったものに切り替えたのだそうだ。
そのため、石油の使用量が、ぐっと減ったという。

へえ、
地球温暖化防止にも、
役に立っているのだ。
こういう高温の温泉は。

金具屋には、
この他にも、この上の地獄谷から引いた湯もあり、
三種類の、違った湯を、
なんと、八ヶ所の趣の違う風呂場で楽しむことができる。
それぞれに、ペーハー(酸性度)も違うし、
肌に柔らかかったり、ぴりぴりとした感じを受けたりする。
同じ湯でも、雰囲気が違うと、
また、印象が違ったりする。

で、
そんなこんなで温泉三昧。

Utiyu1_3
Utiyu2_2
Utiyu3
Utiyu4
Utiyu5
Utiyu6
Utiyu7

さすがに、他にお客様がいらっしゃるところは、
写真に撮れなかったけれど。

その上、渋温泉といえば、
外湯めぐりでも有名。
街中に地元の人が使うための外湯が九カ所あり、
宿泊する人には、その入り口の鍵を貸してくれるのだ。
これらの湯も、それぞれに源泉が違い、
湯の質が変わっていたりする。

これらの風呂は、
地元の人たちが管理し、
使っている。
もともと、観光客のための施設ではないので、
簡素なもので、それなりのマナーが大切。
でも、そこに入れたいただく気持でいくつか巡ってみる。

Sotoyu3_3
Sotoyu1
Sotoyu2  
Sotoyu6
Sotoyu4_2
ということで、
温泉三昧の時を過ごせた。
宿泊した金具屋をはじめ、
渋温泉の人たちも、
自然の恵みである温泉を、
大切に守っているのだな、と感じる。

そして、
加熱したり、水を加えたり、循環させたりすることのない、
本来の温泉場の姿が、
こんな身近にあったのだなあ、、、、
と、つくづく思った次第、、。

皆様も
写真を拡大して、
温泉におつかりください。

Sotoyu7

 

 

|

« 遊び心 | トップページ | 広めたい「節分そば」の習慣。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遊び心 | トップページ | 広めたい「節分そば」の習慣。 »