« 趣味だからこそ〜「そば切り包丁」。 | トップページ | 美味しくいただいていますか、年越しそば。 »

2012年12月24日 (月)

自家製のネギと大根で冬の薬味〜冬ざれの畑風景。

クリスマスイブだというのに、
店で遅くまで仕込みに追われている、、、。
そば屋は残念ながら、
クリスマスとは、縁が無さそう。
それよりも、年越しそばと、正月営業の準備に、
しっかりと、専心していかなければ。

さて、
休日のごとに関わってきた畑も、
いよいよ、冬ざれの景色に囲まれるようになった。

Fuyuzare1
今年の夏は暑さが続いたせいもあり、
夏野菜は順調だったが、
白菜や大根などの秋野菜の種を蒔くタイミングがつかめず、
秋の収穫は、今ひとつだった。

それでも、たくさんの野菜を育ててくれた土に感謝し、
冬の間の一休みになる。

大根はビニール袋に入れて保存し、
ネギは一度掘り出して土の中に埋めておく。

Fuyuzare3
こうして、冬の間のそばの薬味を確保しておく。

周りを見れば、すっかりと枯れ野となって、
やがて来る雪を待っている様子。

Furyzare2
春の芽吹きの頃の景色もきれいだが、
こうした冬ざれの景色も私は好きだ。
冬の景色の中には、
なにか背筋をピンと伸ばすような緊張感が漂っているからだ。
誰かが言っていたけれど、
冬の植物は、枯れたのではなく、
次の春のためのエネルギーを貯えているのだそうだ。
だから、たまにはこんな道を歩いてみて、
そんな力の気配を感じてみたい。

そんな景色の中で元気に飛び回っている小鳥たち。
寒い寒いと縮こまっているのは、
私たちだけなのかなあ。

Fuyuzare

 

→→→人気blogランキング

 

 

 


 

|

« 趣味だからこそ〜「そば切り包丁」。 | トップページ | 美味しくいただいていますか、年越しそば。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 趣味だからこそ〜「そば切り包丁」。 | トップページ | 美味しくいただいていますか、年越しそば。 »