« 手を抜けない「水回し」の作業。 | トップページ | コンビニで国産蕎麦粉の新そば »

2012年11月25日 (日)

映画「天のしずく」辰巳芳子いのちのスープ

久しぶりに見た映画が、
ドキュメンタリーの「天のしずく」。
料理をする姿が、
こんなにも美しく映るものだとは思わなかった。

炒った玄米を煮る鍋の泡、
塩揉みした赤紫蘇を絞る手、
馬毛の網で裏ごしする豆腐、
使い込まれたホウロウの鍋で、
丁寧に炒められていく野菜。

それが90歳近い料理研究家の、
辰巳芳子さんの手になるものだからなのだろうか。

辰巳さんは、父の介護の経験から、
ものを飲込めない高齢の方々にも、
滋養のある食べ物を摂っていただきたいと、
いくつものスープを作り出した。

そして、それを多くの人に教えている。

それは、単なるレシピ、作り方ではなく、
長年培ってきた、
また、母親から受け継いだ食材の知識を使って、
丁寧に扱われ作られるものだ。

そうやって作られたスープの先には、
それによって支えられる「いのち」がある。
そうして、その元には、
健康なものを作ろうとしている農家があり、
日本の大地がある。

そういう感覚を、
言葉ではなく、
さりげなく語る映像の力は大きい。

ある芸術家は、
日本全国から畑の土を集め、
それを和紙の上にのせて、
一面に並べてみせた。
決して着色したわけではないのに、
その土は、皆、色も表情も、
少しずつ変わって見える。

たかが土なのに、
採った場所によって、こんなに違うのだね。
そのそれぞれの土が、
それぞれの地域で、
それぞれの野菜を育んでいるわけだ。

料理を作るのは、
ただ「うまい」とか「おいしい」というだけでなく、
そんな大地の循環を感じさせるようなものであれば、
すごいだろうな。

大地が育てた「いのち」を、
私たちの「いのち」に繋いでいくのが、
料理なのだろう。
どちらの「いのち」も大切に扱わなければ。

辰巳さんの本、つい買ってしまった。

Anatanotameni


→→→人気blogランキング

 

 

 


 

 

 


|

« 手を抜けない「水回し」の作業。 | トップページ | コンビニで国産蕎麦粉の新そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手を抜けない「水回し」の作業。 | トップページ | コンビニで国産蕎麦粉の新そば »