« 農家がそばを出荷する時に「一等」「二等」などの等級がある。 | トップページ | 「手打ちそば」は嫌いだ!! »

2012年10月29日 (月)

生産意欲を高めてくれるか「戸別所得補償制度」。

前回からのつづき。

そばの生産者は、
国の進める農業者戸別補償制度によって、
昨年から、補助金を受けられるようになった。

その額は、
平均で45キログラムあたり15,200円。
つまり、
そばの出荷量に応じて、
そばの販売収入とは別に、
それだけの補助金が、国からもらえることになる。

この金額はかなり大きい。

例えば、国のデーターによると、
平成17年〜21年の五年平均で、
生産者のそばの販売価格は、
45キログラムあたり13,378円。

ということは、
販売価格がたとえ0円でも、
今まで以上の補助金がもらえることに。

が、しかし、
実は、生産者は、ぜんぜん、儲かっていないのだ。

同じく国の試算によれば、
そばを45キロ作るのにかかる費用は、
28,694円。

つまり、キロあたり600円を超える金額で売らないと、
農家は経営が成り立っていかないのだ。
ところが、輸入されるそばの取引価格は、
100円台の半ばから後半。
これでは、需要が限られるため、
どうしても、価格を安く押さえて販売するしかなかった。

だから、そばは、
生産者にとって、
儲からない作物、
あるいは、片手間に作る作物となってしまったのだ。

その生産コストと、販売金額の差を埋めるために、
導入されたのが、この戸別所得補償制度だという。

そう、
補助金も、
次のような数式で決められたようだ。

45キロあたりの生産コスト   28,694円
45キロあたりの販売価格    13,378円

差し引き              15,316円

つまり、
そばの生産者の経営が成り立っていくために、
そして、生産量を増やして、
国産の自給率が上がるように、
この制度を国が設けたわけだ。

なるほど、
これによって、
国産のそばの生産量が増えるといい。
事実、今年はそばの栽培面積も、
だいぶ増えたとの話を聞いている。

でもね、
この制度、それなりの、
問題も起こっている様子。

今の民主党の政権が始めた制度だし、
今後続くかどうかも、
不安因子として残るところ。

また、いつか、
情報を整理してみたい。

で、ちょっと、真面目な話になったかな。
家の庭に雑草状態の「藤袴(ふじばかま)」を、
入り口に飾ってみた。

 

Fujibakama

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

 

 

|

« 農家がそばを出荷する時に「一等」「二等」などの等級がある。 | トップページ | 「手打ちそば」は嫌いだ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農家がそばを出荷する時に「一等」「二等」などの等級がある。 | トップページ | 「手打ちそば」は嫌いだ!! »