« 爽やかな香りの「すだちそば」。 | トップページ | 東北地方にアメリカに繋がる秘密の通路がある? »

2012年9月 9日 (日)

今年は早まりそうな「新そば」への切り替え。

九月になったというのに、
連日30度を超える暑さが続いている。
長野では、夕方になると、ぐっと涼しくなるのだが、
それでも、いつまでも、気温の下がらない夜もある。

先日の休みも、
いろいろな用事があって、
畑に行くのは昼近くになってしまった。
もう、涼しいから大丈夫かと思ったら、
とんでもないむっとする暑さの中で、
作業をしなければならなかった。

昼を過ぎると、
ほら、長野市から見える飯縄山(いいずなやま)には、
モクモクと、積乱雲が湧いている。

 

Otono2
振り返って、
菅平方面を見れば、こちらも雲が湧き立っている。

 

Otono3
だけれども、
さらに高いところには筋状の雲が見えている。
暑いと言っても、どことなく秋を感じさせる、
畑の上の空なのだ。

それに、せっかく雷雲が育っているのに、
夕立を降らせるほどの勢いはない。
おかげで、
畑の土はからからに乾いている。
一雨欲しいところなのだ。

さて、
長野地方では、今がそばの花の盛りのようだ。
昨日は小諸で、
一面に花の咲くそば畑の中で、
「愛のメッセージ」を叫ぶ大会が開かれたとか。

そばの大生産地である北海道では、
順調に刈り入れが進んでいると言う話が届いている。
今年は生産面積も増えたそうで、
例年のように、
相場にらみの出荷待ちということもなく、
スムーズに新そばが届きそうな気配らしい。

今は信州産の夏新そばを混入しているが、
この分では北海道産の「新そば」に切り替わるのが、
かなり早まるかもしれない。

ということで、そば屋にとっても、
そば好きの方々にとっても、
楽しみな「新そば」の季節が、
間近になっている。

 

Otono1

 

→→→人気blogランキング

 

 

 


 

 

|

« 爽やかな香りの「すだちそば」。 | トップページ | 東北地方にアメリカに繋がる秘密の通路がある? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爽やかな香りの「すだちそば」。 | トップページ | 東北地方にアメリカに繋がる秘密の通路がある? »