« 夏バテに効く?「青シソ切り」 | トップページ | 爽やかな香りの「すだちそば」。 »

2012年8月31日 (金)

信州産夏そばの「夏新」。

ソバという植物は、
日の長さに敏感に反応して、
花を咲かせ、実をつけるのだそうだ。

つまり、昼間の時間が短くなるのを感じ取って、
子孫を残すべく結実をする。
例えは悪いが、
夏休みがあと少ししかないと気がついて、
慌てて宿題をこなす子供の用なもの。
日が短くなって、
一気に実をつけるから、
ソバの実は効率よく収穫される。

でも、
ほら、夏休みの始めに、
すべて宿題を終わらせてしまう子供もいるように、
ソバにも、日の長さに関係なく花を咲かせ、
実をつける品種がある。

これが夏ソバと言われるもの。

各地でその土地の気候にあった品種が栽培されている。
長野でも「しなの夏ソバ」という品種があり、
5月頃種を蒔き、7月に収穫されていた。

ところが、この夏ソバは、
秋そばに比べて、収量が少なく、
品質もあまり良くなかったため、
あまり、栽培されなくなったそうだ。

それがねえ、
今年は、県内各地で、夏ソバが栽培されているのが目立った、
と、何人もの関係者の方から話を聞いた。

そう、
去年から始まった、ソバの補助金のおかげで、
収量率は悪くても、
空いている畑を使ってそばを作る人が増えてきたらしい。

で、
せっかくだから、その夏ソバを使った企画をしてみよう、
という話があったので、
夏ソバを使ってみることにした。

つまり収穫したばかりの夏ソバの「新ソバ」を、
試してみようということ。

でもね、粉屋さんも首を傾げていたが、
やはり、味としては単独で使うのは難しいかな。
しかしながら、食感は新ソバのそれに近い。

ということで、今のそば粉に混入して使うことした。

さすがに保存がよくなったとはいえ、
去年の秋のソバは、
膨らみ感がなく、切れやすくなっている。
そこで、この「夏新」を混ぜることによって、
ふわっとした食感を得られれば、
今の季節のソバとしては面白いかもしれない。

で、
今年もすでに北海道では、
ソバの刈り入れの始まっているとの情報が。
今年は成育は良さそうとの話。

長野周辺では、やっと、そばの花が咲き始めたところ。
今年も、おいしいそばが、
たくさん穫れますように。
秋には、おいしい新そばが出回りますように。
それまで、この「夏新」入りそばでお楽しみを。


→→→人気blogランキング

 

 

 

 


|

« 夏バテに効く?「青シソ切り」 | トップページ | 爽やかな香りの「すだちそば」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏バテに効く?「青シソ切り」 | トップページ | 爽やかな香りの「すだちそば」。 »