« セールスレターではない「かんだた瓦版」の発送。 | トップページ | ブタより少ない人間の舌の味蕾(みらい)。 »

2012年6月 7日 (木)

ビールのおつまみではない「枝豆切り」。

去年の夏、アメリカから来たというカップルが来て、
ビールを飲んでそばを召し上がっていった。
言葉はよくわからないが、
ビールのおつまみに、
これは、日本ならではのものだろうと、
畑で穫れた枝豆をサービスで出してあげたら、
「Oh! Edamame!」といって、喜ばれた。

なんだ、知っているんだ。

調べた見たら、アメリカでは、
健康志向の高まりもあって、
「枝豆」が大人気なのだそうだ。
カロリーの高いポテトチップスやピーナッツに変わって、
まだまだ僅かではあるが、子供のおやつや、
ビールのつまみに、枝豆が食べられているという。

枝豆は、ビタミンやミネラルなどが豊富な、
そして、気楽に食べられる栄養価の高い食品。
世界中に広まってもいい食べ物かもしれない。

さて、この火曜日は恒例の十割そばの夕べ。
皆さんご来店ありがとうございました。

今回の変わりそばは、
夏に先駆けて、この枝豆をそばに打ち込んだ、
「枝豆切り」。

このそばを作るには、
少し手間がかかる。

枝豆を茹でて、さやから外し、
一粒一粒を覆っている薄皮を取り除く。

 

Zunda1

それをミキサーですりつぶし、
さらに、裏ごしにかけてペースト状にする。

Zunda2


ほらほら、きれいなみどりでしょう。
これを、湯ごねした更科そばに練り込んで、
伸ばして、切って、麺にする。
このそば打ちは豆自体がつなぎの役を果たすので、
スムーズに、きれいな麺線を作り上げられる。

そうして、茹でてみれば、こんな、
淡い、上品なみどりとなった。

 

 Zunda3

写真の具合か、隣の十割が、ずいぶんと黒く見える。
さて、食べてみれば、あれ、どこに枝豆の味が、、、、
という感じ。
もっとも、枝豆の味って、本来は淡白なもの。
ほのかな、甘い香りが、口の中に、そういえば残っているかな。

でも、食感は、しっかりとしたものになる。
切れのいい、ざらっとした舌触りが、いつもの更科とは、
はっきりと違うところだ。

そばや、枝豆に含まれるビタミンBは、お酒の分解を早め、
二日酔いの防止にもなる、、、、、
なんて話は、酒飲みの自己弁護に使われるだけなので、
やめておこう。

だけどね、
「Edamame」は世界に誇っていい、
日本発の食べ物になるかもしれない。
もちろん、、、、
この「枝豆切り」もね。


 

→→→人気blogランキング

 

 

 


 

|

« セールスレターではない「かんだた瓦版」の発送。 | トップページ | ブタより少ない人間の舌の味蕾(みらい)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セールスレターではない「かんだた瓦版」の発送。 | トップページ | ブタより少ない人間の舌の味蕾(みらい)。 »