« 酒のあとの蕎麦?蕎麦の前の酒! | トップページ | もし地球が1.3メートルの玉だったら? »

2012年5月18日 (金)

そば打ちは重労働?

二ヶ月ぐらい前から、
腰痛予防のために、近くのスポーツクラブで、
週一回ぐらいのペースで水泳を始めた。
もともと、泳ぐのは好きなのだけれど、
ここのところ、もうずいぶんと泳いでいない。
およそ、7年ぶりぐらいに泳いだのだが、
さすがに身体が重く感じられる。
でも、泳いでみて、自分でも驚いたのだが、
思ったより、息が苦しくなるようなことがないのだ。
つまり、ハアハアと、息が弾むことも無い。

もっとも、あまり力を入れずに、
のんびりと泳いでいるせいもある。
せいぜい、40分かけて千メートルぐらい泳ぐ程度。
それでも、いきなり泳いだのに、
スムーズに息が続くのが不思議な気がした。

考えてみたら、毎日4回はしているそば打ちで、
毎回息を弾ませているのだ。
横にストップウォッチを置き、
作業ごとのペース配分を守りながらそばを打っている。
水回しや捏ねなどの木鉢の作業では筋力が、
伸しや切りの作業ではスピードが大切。
夏は大汗をかき、
冬だって、二回三回と続ければ汗ばんでくる。

そんなそば打ち仕事が、
水泳にも必要な私の心肺機能を、
まあ、それほど衰えぬ程度に保ってくれているのかもしれない。

そば打ちは体力勝負ともいわれる。
特に商売でやっていれば、
時間というファクターがかかるので、
なおさら、身体を動かさなければ。

じゃあ、そば打ちが、
それほど重労働かと言えば、
ん、、、、、それほどではない気がする。

なにしろ、
それほどの重労働を毎日しているのに、
少しも私の体重が減らない、、、、。
(他に原因があるのかも。)

そば打ちは、腕や、局部的な筋力を使うけれど、
全体としては、それほど消費カロリーの多い運動とは思えない。
じゃあ、体力の弱い人でもできるのかというと、
そうでもないようだ。

およそ100の力を必要としている仕事を、
100の力を持っている人がやれば、
それこそ、全力の力を出さなければならない。
だから、その仕事は重労働。

でも、100の力を必要としている仕事を、
200の力を持っている人がやれば、
なんと、〜〜鼻歌まじり〜〜〜。
同じ仕事をしているのにね。

だったら、100の力を持っている人は、
50の仕事をすればいいじゃないか、、、
というけれど、
それは「手抜き」といわれるだけ。

普通の人が見える、100と思う仕事は、
最低限こなさなければね。

ということで、
鼻歌まじりでそば打ちができるように、
さらなる体力アップに励まなければ。
で、
なぜ、私の体重は減らないのだろう?

 

Chigoyuri

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« 酒のあとの蕎麦?蕎麦の前の酒! | トップページ | もし地球が1.3メートルの玉だったら? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒のあとの蕎麦?蕎麦の前の酒! | トップページ | もし地球が1.3メートルの玉だったら? »