« もし地球が1.3メートルの玉だったら? | トップページ | 大切にしたい、喉越しを活かす「膨らみ感」。 »

2012年5月25日 (金)

またまた畑仕事の季節。

先週はゴールデンウィークを休まなかったので、
2日間の連休をいただいて、畑を起こし野菜の苗の植え付けを行った。

その苗が、しっかりと、畑の土になじんだか、
心配だった今週のかんだた農園。

Huerta
まあ、今のところ、大丈夫のようだ。

長ナス、丸ナス(長野の独特のナスです)、善光寺キュウリ(これも長野特産)、万願寺、鷹の爪、中玉トマト、ゴーヤ、カラーピーマン、それと、今年初めて植えたみた食用ホオズキ。

苗は自分で作れないので、苗屋さんで買ってくる。
その苗屋さんの混んでいること。
畑でなくとも、自宅の庭や、アパートのベランダで野菜を育てる人が増えているとか。

農薬を使わないので、
大敵のアブラムシがよらないように、
一本一本の苗に銀テープを巻き付けておく。
そして、支柱で支えてやり、
きちんと育てよと、よく言い聞かせる、、、。

種で植えたのは、モロッコインゲン、枝豆、秋取りキャベツ、ミニブロッコリー、サラダカブ、ラディッシュ、水菜、わさび菜、ルッコラ、春菊、サニーレタス、などなど。
その前に、長ネギは約千本植えたし、ジャガイモの芽も出て来た。
赤じそや青じそは、去年のこぼれ種で生えてくる。
去年の秋に植えたタマネギはもうすぐ収穫。
今年も冬瓜、そして錦糸瓜などの、つる野菜の場所も確保。

ということで、忙しい野菜づくりの季節に突入。
忙しいけれど、いつもいつも、
新しい発見を与えてくれるのがこの畑。

野菜が元気に育ってくれることが、
私にも元気を与えてくれるのだ。
そして、収穫したら、お客様にも、
その元気を味わっていただきたいものだ。

で、今週も、
苦手を克服するために、嫌々ながら酒の味見。

Asasibori
なんと三年前の立春に絞った白馬錦生原酒。
それでもしっかりと、麹の香りが残っている。
いい酒は、時間が経っても飲めるのだね。

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

 

|

« もし地球が1.3メートルの玉だったら? | トップページ | 大切にしたい、喉越しを活かす「膨らみ感」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もし地球が1.3メートルの玉だったら? | トップページ | 大切にしたい、喉越しを活かす「膨らみ感」。 »