« 畑仕事の助っ人「こまめ」君。 | トップページ | GWは「がっちりWork」 »

2012年4月24日 (火)

そば徳利でお出しする汁。

Sobachoko

かんだたでは、
そば汁は、そば徳利に入れてお出しし、
そば猪口は空になっている。
お客様にそば猪口に汁を注いでいただくのだ。

どうしてかというと、
そば汁のつけ加減を、
お客様に調整していただくこと。
そして、
そばを食べている間に、
どうしても汁が薄まってしまうので、
継ぎ足して、元の濃さを保っていただくため。

そば汁を盛り切りで出す店も多いが、
そばの水切りが悪いと、
汁が薄まってしまって、
そばの味がぼやけてしまうことがある。

そのため、
そば猪口には、
汁を少しずつ継ぎ足して、
最後までおいしくそばを召し上がっていただきたいから、
あえて、そば徳利で汁をお出しさせていただいている。

だから、最初は、
そば猪口の底の方に少しだけ汁を注ぎ、
食べていかれるに従い、
継ぎ足していただくのが一番。

でも見ていると、
けっこう多くの人が、最初からそば徳利を空にしてしまう。
つまり、徳利に入っている汁を、
最初からそば猪口に全部入れてしまうのだ。

当然、そば猪口には汁がたくさんあるから、
そばも、その中にどぶんと浸けて召し上がる。

お客様の食べ方をどうのこうのいうつもりは無いが、
ちょっと、もったいないかなあ、、、
と思うこともある。

もちろん、そういうところを心得ているそば好きな方も多く、
加減してそば汁を注ぎ、
ちゃんとそば湯の分まで残されている達人もおられる。

そんな、
お客様のそば汁の注ぎ方一つで、
つい、そばを食べ慣れている方かなあ、、
などと、思ってしまう。
いえいえ、もちろん、
どっぷりと汁を付けて食べるのが好きな方もいらっしゃるから、
それはそれで、
もちろん構いませんが。

でもねえ、逆にお客様から見ると、
そば汁の出し方一つで、
お店の姿勢が見えてしまうこともあるらしい。
こわ〜〜〜。
という話は、また今度。

Wasabi


→→→人気blogランキング

 

 

 

 

|

« 畑仕事の助っ人「こまめ」君。 | トップページ | GWは「がっちりWork」 »

コメント

新年度、職場の異動で本当に忙しい一ヶ月。
満開から、葉桜になって、ようやく、一息。

ということで、たぶん一ヶ月ぶりのかんだたさん。
いつもの通り、おいしかったです。

確かにお店によって、
そばつゆがそば猪口にしっかり注がれていることがあります。

やはり、
自分で好みの量を入れていく方がいいなぁ。
その時間も含めて、おそばを楽しんでいる感じ。

投稿: おおつか | 2012年4月30日 (月) 11時14分

オジャマ致します。

ご主人のそば汁に対するお考え方が、よく理解できます。

当方もお客様に、ざる蕎麦を提供する身ですが、
私の場合は、あらかじめ蕎麦猪口に少し(30cc)入れて、
お出しする時に、「薄まったら足してください」と、
お声を掛けています。

場所は関西、私の蕎麦つゆは濃いめ、
なかなか受け入れられない方もいらっしゃいますが、
私の蕎麦への想いが伝わるよう、頑張るのだ。

投稿: 徳次郎 | 2012年4月30日 (月) 15時44分

おおつか さん、こんにちは。

お忙しいところをご来店ありがとうございました。
いろいろと大変なお仕事なのですね。
おおつかさんのように、きれいにそばを召し上がっていただけると、私もうれしいです。

投稿: かんだた | 2012年5月 1日 (火) 06時52分

徳次郎 さん、こんにちは。

汁を最初に少しそば猪口に入れてお出しされているのですね。手間ですが、きっと、その方法が一番よいのではないでしょうか。

そばを食べていただくのに、店の姿勢をそれとなく、お客様にお伝えしていきたいですね。


投稿: かんだた | 2012年5月 1日 (火) 07時02分

コメントをありがとうございました。

偶然に見つけた、「かんだた」さんのブログを、
勉強になるという想いで拝見させて頂いております。

とても楽しく、ご主人の蕎麦に対する「臨場感」を
味わわせて頂いております。

投稿: 徳次郎 | 2012年5月 2日 (水) 01時03分

昼休みは、美味しいおそばを楽しみに伺っています。

そば汁は人それぞれ好みもあり、そばとの相性もあり、「これ!」といった正解は無いのでしょうね。

ご主人のおそばをいただく前は「甘口のそば汁」「太打ちのそば」が好みでしたが、今ではすっかり「辛口のそば汁」「細打ちのそば」が一番と思うようになりました。

今度は夜に、カウンターでゆっくりお酒をいただきながら...というのをやってみたいです。

投稿: あお | 2012年5月 3日 (木) 18時48分

こんにちは

先日、散策中に偶然看板に導かれ、立ち寄らせていただきました

せっかくの「つゆ」
大量に残してしまって申し訳ありません
(反省)

言い訳ですが、本当にそばの風味が良くて、そんなに必要なかったんです…

そば湯の濃厚さにも感動しました

今度は、そばのお寿司目当てで予約させていただきます
(-^〇^-)

美味しいそばを
ありがとうございました

投稿: にら | 2012年5月 4日 (金) 14時16分

徳次郎 さん、こんにちは。

いえいえ、勉強だなんてとんでもない。
勝手で偏屈なことばかり書かせてもらっています。
あまり参考になりませんが、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2012年5月 5日 (土) 22時54分

あお さん、こんにちは。

お昼にいらしていただいているのですね。
いつもありがとうございます。
そば汁も、微妙なところでのバージョンアップに努めていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2012年5月 5日 (土) 23時03分

にら さん、こんにちは。

ご来店ありがとうございます。
奥まったところにある店なので、初めて入るには勇気がいると、よくいわれます。
いえいえ、そば汁は、お好きなようにお使いください。
またよろしくお願いいたします。

投稿: かんだた | 2012年5月 5日 (土) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畑仕事の助っ人「こまめ」君。 | トップページ | GWは「がっちりWork」 »