« シャガールと大人のそば屋 | トップページ | 気分はバイカルアザラシ »

2012年3月23日 (金)

脊柱管狭窄症、まさか!

私は中学生の時に柔道で腰を痛めてから、
ずっと、腰痛持ち。

これまで、何回も病院へ通い、
様々な治療、、、というか、
指導を受けてきた。
だから、腰の痛みは、もう慣れっこだったし、
しばらく痛みが無かったりすると、
あれっ、大丈夫かな、、、
などと心配になってしまったりする。

時には「天使の一撃」、、、
ではない、
「魔女の一撃」にあって、
身動きができなくなってしまったことも数回。
つまり、ぎっくり腰。

こういう時に、医者というものは頼りにならないもので、
こっちは、トイレに行くのさえ難渋しているのに、
やっと、たどり着いた医者では、
「まあ、安静が一番ですな。」
などと言われて、薬をドスッと持たされて追い返される。
あきらめて整骨院に行くと、
バリバリバリと荒治療。
これが以外に効いたりして、
とにかく、普通に歩いて帰れるようになるのが不思議だ。

しかしながら、
薬も整骨院も、腰の痛みを和らげてくれるが、
根本的な解決にはならない。
日常生活で、
腰痛予防のストレッチや、
筋肉トレーニングをすることが大切なことを実感し、
以後気をつけて続けてきた。

なにしろ、
そば屋は長い時間の立ち仕事。
仕事中は、腰が痛いなどと言っていられない。
だから、
充分に、注意してきたつもりだ。
なのに、、、、。

昨年の秋ぐらいから、
どうも、右足の股からふくらはぎにかけて、
広い範囲で、しびれたような違和感が感じられるようになった。
おかしいな、と思いながらも、
それほど気にはしていなかった。
ところが、、、。

ある時、
買い物に出かけた時に、
どうしても足が痛くて歩けなくなってしまった。
どこがというわけではなく、
右足全体が、しびれたような痛みが走って、
歩けないのだ。
触ってみると、なにやら、
他人の足に触っているような感触。

痛みに耐えかねて、しばらく、
といっても3分か4分ぐらい、
立ち止まっていると、
まあなんとか、歩けるようになった。

気味が悪かったので、
その症状をネットで検索してみると、
あれ、やっぱりこれなのかなあ。

この病名のことは前から知っていたし、
そうならないように、心がけてきた、

でも、やっぱりそうなのか。
その名は、
「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」。

まさかねえ。
で、
続きは次回。

Cerezo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« シャガールと大人のそば屋 | トップページ | 気分はバイカルアザラシ »

コメント

先日はありがとうございました。
来月より本格始動です。
そば打ちは重労働ですね。
当方も中学時代にテニスで捻挫をして
捻挫癖がついてしまい数年前に重症となりました。
右足首は一生サポーターをつけてないといけません。
立ち仕事は慣れてるのですが蕎麦打ちで足首にどれだけ負担がかかるのかが心配です。
でも腰は大変ですね。
お大事になさってください。
脊柱管狭窄症でない事をお祈りいたしております。

投稿: 伊藤 | 2012年3月24日 (土) 16時54分

伊藤 さん、こんにちは。

こちらこそ、事情も判らず偉そうなことを言ってすみません。ご心配をありがとうございます。
そば屋は身体が資本ですね。
私のような小さな店では、私が動かないと商売ができません。体調には注意してきたつもりなのですが、腰の痛みが出てしまいました。
油断はいけませんね。

投稿: かんだた | 2012年3月25日 (日) 06時28分

はじめまして。ブログランキングからきました。
腰は身体の「要」ですから・・・お気を付けて下さい!

投稿: みみ~ | 2012年3月26日 (月) 11時05分

みみ〜 さん、こんにちは。

ありがとうございます。
皆さんにご心配いただいて、恐縮の至りです。
日々、気を付かなければいけませんね。

投稿: かんだた | 2012年3月27日 (火) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャガールと大人のそば屋 | トップページ | 気分はバイカルアザラシ »