« そば屋を始めるための、技術の学び方。 | トップページ | 大切な穀物は、品種改良されて育てられているのに、ソバは? »

2012年2月16日 (木)

蕎麦を食べる前に、手を合わせる。

ありがたいことに、
毎日いろいろな方が店にお出でになり、
そばを食べていただいている。

さて、
料理をお出しした時に、
まず、手を合わせてから、
召し上がる方が、けっこういらっしゃる。

年配の方でもいらっしゃるが、
若い方々でも、そうされる方も多い。
動き回っていた小さなお子様が、
そのときだけは、
神妙な顔をして手を合わせているのを見ると、
なんだか微笑ましい。

カウンター越しに手を合わせて拝まれると、
なんだか申し訳なくなって、
つい、後ろを振り向いて、
阿弥陀様でも立っておられるのではないかと、
気になってしまう。

きっと、子供の頃から、
食事の前に手を合わせる習慣が、
家庭の中で躾けられていたのだろう。
だから、店に来ても、
食べる前には、ごく自然に、
そのような動作ができるのだろう。

その作物育ててくれた人に感謝。
その食べ物を作ってくれた人に感謝。
その作物を育ててくれた大地や太陽に感謝。
私たちのために捧げてくれた命に感謝。
そうして、こうして、食べ物を食べられることに感謝。

そんなことを考えなくても、
手を合わせることで、
しっかりとした、気持の切り替えができるのだろうなあ。
きっと、そのような方は、
そういう習慣の無い方に比べて、
もっと豊かな人生を生きられるような気がする。
だって、日々の暮らしの中で、
感謝する気持を持っているのだから。

私も、
自然によって育てられ、
多くの人たちの努力によって運ばれて来たものを使って、
こうして商売させていただいている。
けっして、自分だけの努力だけで、
成り立っているわけではないのだ。

もっと、感謝の気持ちを持たなくては、、、

、、などと、
時々は思うのだけれども、
なにしろ、忘れっぽいんだよね。

 

Rezo

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« そば屋を始めるための、技術の学び方。 | トップページ | 大切な穀物は、品種改良されて育てられているのに、ソバは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そば屋を始めるための、技術の学び方。 | トップページ | 大切な穀物は、品種改良されて育てられているのに、ソバは? »