« そば屋を始めるには? | トップページ | そば屋を始めるための、技術の学び方。 »

2012年2月 9日 (木)

食べておいしい、食べて健康、「えのき氷」切りそば。

皆さん、
「えのき氷」というものをご存知ですか。

最近話題になっている、、
といっても、長野県、それも、
北部の限られた地域でのことかなと思っていた。

ところが、全国放送のテレビにも取り上げられて、
けっこう注目を集めているそうだ。
この「えのき氷」というものは、
何でも、脂肪の吸収を押さえ、
ダイエットや成人病予防に効果があるのだとか。

どんなものかと、試してみたいと思っていても、
スーパーではいつも売り切れ。
そうしたら、たまたま聞いていたラジオで、
自宅で簡単に作れるとのこと。

ネットで調べたレシピによれば、
えのきを切り分けて、
ミキサーで撹拌し、
鍋で60分ほど煮て、
凍らせれば出来上がりとのこと。

粉砕して、煮込んで、冷凍することによって、
えのきの固い組織が壊れ、
きのこの成分が身体に吸収されやすくなるのだとか。

ということで、
作ってみたのがこちら。

Enokigoori

製氷皿がなかったので、
小さなタッパーに入れて作ったが、
見た目は何のことはない固まり。
これを、少しずつ、みそ汁に入れたり、
煮物に入れたりすれば、
コクが出ておいしくなるそうだ。

健康にいいし、料理もおいしくなるということで、
人気を集めているのだね。

さて、
私も身近な料理にいれてみよう、、、、、、。

ということで、
この火曜日は恒例の「十割そばの夕べ」でした。
みなさん、ご来店ありがとうございました。

そこで、
今回の十割そばと一緒にいただく変わりそばは、
「えのき氷切り」
となった次第。

Snokigoori2
いつもの更科そばに比べて、
色がくすんでいる。
茹で上がりも、角が立たずにぽってりとした感じ。

さて、お味の方は、、、
と心配したが、これがなかなか好評。

特にえのきの味がするわけではないが、
そこはかとないおいしさがあるという。
特に、
口に入れたときの食感がおもしろいそうだ。

そばのゆで汁には、
しっかりとキノコの匂いが付いてしまったが、
食べて見るとあまり気にならない。
麺に膨らみ感があり、
食べ終わってから口に残る甘さがいい。

このそば、
かなり「いける」ような気がする。

ということで、
長野県産の「えのき」を使った変わりそば。
食べておいしい、
食べて健康になれる、
ということであれば、もっと皆さんに食べていただきたい。

来月の中頃に、
期間限定で「えのき氷切り」をご用意させていただく予定。
皆さん、お試しを。

「えのき氷」の作り方と解説は
JA長野県のホームページでどうぞ。→こちら

 

→→→人気blogランキング

 

 

|

« そば屋を始めるには? | トップページ | そば屋を始めるための、技術の学び方。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そば屋を始めるには? | トップページ | そば屋を始めるための、技術の学び方。 »