« 味の着地点〜そば寿司の工夫。 | トップページ | そば屋を始めるには? »

2012年1月30日 (月)

そば打ち一万回

今の世の中では、
あまり大切にされていないような気がするが、
やはり、経験とか歴史の長さというのは、
すごく重みのあるものだと、この頃思うようになって来た。

誰でも、仕事や人生の上で、
数々の経験を重ねている
そこで培われて来た技術や勘は、
とても、一言では語れないものだ。
すべてがマニュアル化されていようとも、
言葉に表されない、「なにか」がそこにあるような気がする。

伝統の重みを大切にするイギリスに、
こんなジョークがあるのだそうだ。

イギリスのラグビー場の芝の美しさは定評がある。
アメリカから見に来た競技関係者が、
そこの庭師に尋ねた。
「どうしたら、こんなにきれいな芝ができるのかね。」
庭師は答える。
「なあに、毎日芝を刈って、水を撒くのですさぁ。」
アメリカ人はいぶかる。
「それならば我々もやっているのだが。」
庭師は、にやっと笑って答える。
「それを300年続けるんでさぁ。」

この庭師、
それだけの歴史のないアメリカを、
ちょっと皮肉ったわけだ。

さて、
だいぶ前に見たテレビ番組に出ていた、
ある老舗のそば屋の親父さん。
若いレポーターの突飛もない質問に、
戸惑いながら、答えていた。

そして、レポーターが聞く。
「手打ちそばを、上手に打つ秘訣って何ですか。」
いかにも頑固そうな親父さん、表情も変えずに答える。
「毎日、こつこつと、打ち続けることです。」
レポータが、ちょっと期待はずれの返事、、という顔で聞き返す。
「はあ、こつこつと、そばを打つことですか。」
それに親父さん、こう答える。
「そうです。だいたい一万回ぐらい打てば、上手になるでしょう。」

この親父さん、こう言って、
技術も身につけないで、理屈ばかりを言いたがる、
若い人たちを戒めたのだろう。

なるほど、一万回のそば打ちか、、
、、って、我が身に振り替えてみれば、
どうなのだろう。

私の場合は、朝打って、夕方も打つので、
一日平均4回ぐらいのそば打ちをしている。
年間300日強の営業日数だから
一年で1,200回。
ここでの営業は丸7年だから、
全部で8,400回。

まだ、一万回に届いていないではないか!!!
これでは、まだまだ、
そば打ちについて、偉そうなことを言える身分ではないのだ。

でも、少しずつ、少しずつではあるが、
私のそば打ちの形も、変わって来ている気がする。
日々、工夫を重ねながら続けること、
これが大切なのだ、
と実感している。

「かんだた」を開く前の居酒屋時代、
毎日1〜2回そば打ちをしていたから、
それが12年。
回数にして、5,000回ぐらいは打ったかなあ。
ということで、合わせてみれば、
かろうじて;一万回を越えたと思われる、
そば打ち回数。
まだまだ、
十万回を目指してがんばらなくては。

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« 味の着地点〜そば寿司の工夫。 | トップページ | そば屋を始めるには? »

コメント

初めまして。東京で「石臼の会」という蕎麦打ちクラブに参加し趣味で打っている者です。
「江戸ソバリエ」という資格を取ったとき、その講演で確か神田まつやのご主人だったと思うのですが、あわよくば脱サラで蕎麦屋を、と思っている聴衆に向かって
「毎日毎日、300人前の蕎麦を打てるようになったら、その時初めて『そば屋<でも>やってみるか』、というようなもんです」
とおっしゃってました。
あわよくば派だった私も目を覚まされたことを覚えています。

投稿: さまる | 2012年2月20日 (月) 00時22分

さまる さん、こんにちは。
「江戸ソバリエ」の資格を取られたのですね。たいしたものです。
商売としてそば打ちをするには、いつでも、どんなときでも、同じそばが、素早く打てることが求められます。そのためには、かなりの回数をこなさなくてはならないでしょうねえ。
その親父さんの言葉は、そういう意味なでしょう。でも、毎日毎日300人前の蕎麦というのはすごいですね。

投稿: かんだた | 2012年2月20日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 味の着地点〜そば寿司の工夫。 | トップページ | そば屋を始めるには? »