« 使いこなせるか、「尾州檜」の麺棒。 | トップページ | 9日には「どんど焼き」で燃やすけれど。 »

2011年12月23日 (金)

女性向け雑誌での紹介。

ある婦人雑誌に「かんだた」を載せていただいた。
善光寺の門前の「美味いもの」を紹介する特集の中に、
ほんの少しだけ紹介していただいたのだ。

雑誌はなかなか素晴らしいもの。
生活に充分な余裕のある、
選択眼の鋭い女性向けの冊子とお見受けした。
こんな立派な全国誌に、
私の店なんぞ載ってもいいものなのだろうか。

取材に来られた、
私の店を選んでいただいたライターの方は、
ご経験が豊富な方。
長野にも何回もいらしているとかで、
地元の何人かの知り合いを通して、
かんだたを知ったそうだ。

「でも決めては、ホームページですよ。」
とのお言葉。
手作りの、未熟なホームページが、
こういうことで役立つとは。

一緒に来られたカメラマンの方も、
気さくな方で、
いろいろな話をしてくれる。

あるそば屋さんでは、
名前はいえないが、かなり有名なそば屋さんでは、
そばを出してから5秒以内に写真を撮れといわれたそうだ。

そばを差し出されて、
一、二回シャッターを押したら、
「はい、おわり〜。」
といって、親父さん、そばを片付けてしまったとか。

いろいろなアングルを試せなかったので、
不安だったが、
あとで、その親父さんに、
「いい写真だ。」と褒められたとか。

だから、そばの、のびる早さを知っているので、
そばの写真は、
素早くぱっと撮ってくれる。
念のために用意していた、
つや出し用の霧吹きも使わなかった。

実は、このカメラマンの人、
取材の前の日にプライベートで、
かんだたのそばを食べに来られていた。
そうして、どんな感じで撮ればいいのか、
ちゃんと、心づもりをしていたのだねえ。

これだけの雑誌に写真を載せるカメラマン。
やはり、それだけの努力をしているのだ。

ということで、
身の丈を上回る紹介をしていただいた。

早速、知り合いの方からメール。
「ご主人の顔が写っていないなんて、
 片手落ち、、。」

はい、でも、私の顔が写ると、
いろいろ問題がありそうで、、、。
だって、女性向けの雑誌でしょう。
もし、私の顔を見るための、
行列ができたら、困りますから、、、。

他のお客様の反応。
「写真って、すごいんだねぇ。」
ははぁ、、、、、、、、
何も言うことはありません。

 

Waraku

→→→人気blogランキング

 

 

 

|

« 使いこなせるか、「尾州檜」の麺棒。 | トップページ | 9日には「どんど焼き」で燃やすけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使いこなせるか、「尾州檜」の麺棒。 | トップページ | 9日には「どんど焼き」で燃やすけれど。 »