« そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。 | トップページ | ミカンのような香りの「青柚子(ゆず)切り」。 »

2011年9月30日 (金)

冬瓜(とうがん)が店の中をパレードしている。

この夏は天候が不順で、
雨ばかりの日が一週間も続いた後に、
二週間の日照りがあったり、
急に暑くなったり、涼しくなったりで、
畑の野菜達もだいぶ戸惑ったみたいで、
あまり生育は良くなかった。

ところが、
そんな天候とは関係なく、
例年以上に、たくさんの実をつけたのがこちら。

Tougan1
写真では大きさが判らないが、
長さ50センチぐらいの大きな実になる、
冬瓜(とうがん)が、ゴロゴロと転がっている。

かくして、店の入り口もこの有り様。

Tougan2
こればかりではない、
まだまだたくさんあるのだ。

冬瓜は冬という字が入っているが、
実は夏の食べ物。
このまま置いておけば、
冬まで持つことから、こんな名前がついたらしい。

インドの原産で、
日本では、平安時代から食べられていたという、
伝統のある野菜なのだ。

水分が多く、
あまり栄養価は高くないが、
利尿作用のあるカリウムが多いので、
高血圧などの方にはおすすめ。

Tougan6
畑の野菜がたくさん穫れた時には、
知っている人におすそ分けをするのだが、
この冬瓜に関しては、
あげるといっても喜ばれない。

大きくて食べきれない。
皮が硬くて剥くのがたいへん。
味がしみ込みにくいから、
料理に時間がかかる、、、などなどで、
敬遠されてしまう。

ちなみに切って見るとこんな感じ。

Tougan3
さらに切ると。

Tougan4
中心部分の種と綿を取り除き、
まわりの部分を、皮を剥いてから、
料理に使う。
大きさの割に、食べる部分は、
ずいぶんと少なくなってしまう野菜なのだ。

今では、高級料亭などで使われているらしいが、
高級そば屋ではない「かんだた」でも、
味わっていただきたいと工夫しているところ。

例えば、、、。

Tougan5

冬瓜のゴマ酢和え。
冬瓜と鶏肉のコトコト煮。
冬瓜のらっきょう酢和え。
などなど、、、。

ちなみに、
冬瓜をそばに打ち込んだ、
「冬瓜切り」は、、、
、、、やりません。



→→→人気blogランキング

 

 



|

« そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。 | トップページ | ミカンのような香りの「青柚子(ゆず)切り」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。 | トップページ | ミカンのような香りの「青柚子(ゆず)切り」。 »