« 身を清めてきたそば屋の休日 | トップページ | そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。 »

2011年9月20日 (火)

畑のそばの花は勢いがいい、、、。

長野周辺では、
畑に植えられたそばの花はすでに盛りを過ぎ、
黒い実が目立つようになった。

ところが、
私の畑では、未だに花盛り。

Sobabatake
しばらく、草だらけにして、
何も植えなかったところに種を蒔いたので、
肥料は無いはずなのだが、
勢いはいい。
倒れたり、曲がったりしながらも、
一メートル以上の背丈があり、
次から次へと花を咲かせている。

しばらく収穫を行わなかった場所なので、
いわゆる地力があるのかもしれない。

その花の中で、
ハチやアブがブンブンと飛び回って、
花を受粉させてくれている。

たいした広さではないが、
実が出来たら、
料理に添える「そばの新芽」用の種に、
取っておこうと思っている。

えっ、
そばにして打ってみろって。
ははは、
粉にすれば、口の小さな私の、
ほんの、一口にもならずに終わってしまう、、
ぐらいにしかならないだろうなあ。

そうして、
改めて、そばの生命力の強さに感服。
だって、このそばの種、
5年ぐらい前に分けていただいた種の残りを、
封筒に入れたまま、
本棚の隅に置かれていたもの。

まあ、多分、
芽は出てこないだろう、
と思いながら蒔いてみたのだ。

蒔いた後に、
焼けるような日照りの日が半月も続いたせいもあり、
発芽する率は悪かったが、
このように、見事に育っている。

こういう、
そばの強い生きる力を、私たちは、
自分の命を支える食べ物として、
いただいているのだね。

 

→→→人気blogランキング

 

|

« 身を清めてきたそば屋の休日 | トップページ | そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身を清めてきたそば屋の休日 | トップページ | そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。 »