« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

冬瓜(とうがん)が店の中をパレードしている。

この夏は天候が不順で、
雨ばかりの日が一週間も続いた後に、
二週間の日照りがあったり、
急に暑くなったり、涼しくなったりで、
畑の野菜達もだいぶ戸惑ったみたいで、
あまり生育は良くなかった。

ところが、
そんな天候とは関係なく、
例年以上に、たくさんの実をつけたのがこちら。

Tougan1
写真では大きさが判らないが、
長さ50センチぐらいの大きな実になる、
冬瓜(とうがん)が、ゴロゴロと転がっている。

かくして、店の入り口もこの有り様。

Tougan2
こればかりではない、
まだまだたくさんあるのだ。

冬瓜は冬という字が入っているが、
実は夏の食べ物。
このまま置いておけば、
冬まで持つことから、こんな名前がついたらしい。

インドの原産で、
日本では、平安時代から食べられていたという、
伝統のある野菜なのだ。

水分が多く、
あまり栄養価は高くないが、
利尿作用のあるカリウムが多いので、
高血圧などの方にはおすすめ。

Tougan6
畑の野菜がたくさん穫れた時には、
知っている人におすそ分けをするのだが、
この冬瓜に関しては、
あげるといっても喜ばれない。

大きくて食べきれない。
皮が硬くて剥くのがたいへん。
味がしみ込みにくいから、
料理に時間がかかる、、、などなどで、
敬遠されてしまう。

ちなみに切って見るとこんな感じ。

Tougan3
さらに切ると。

Tougan4
中心部分の種と綿を取り除き、
まわりの部分を、皮を剥いてから、
料理に使う。
大きさの割に、食べる部分は、
ずいぶんと少なくなってしまう野菜なのだ。

今では、高級料亭などで使われているらしいが、
高級そば屋ではない「かんだた」でも、
味わっていただきたいと工夫しているところ。

例えば、、、。

Tougan5

冬瓜のゴマ酢和え。
冬瓜と鶏肉のコトコト煮。
冬瓜のらっきょう酢和え。
などなど、、、。

ちなみに、
冬瓜をそばに打ち込んだ、
「冬瓜切り」は、、、
、、、やりません。



→→→人気blogランキング

 

 



| | コメント (0)

2011年9月26日 (月)

そばに酒をかけて食べた方がうまい!、、、なんてね。

連休が終わり、やっと一段落。
皆さん、ご来店ありがとうございました。

さて、テレビかなにかで誰かが言ったようなのだけれど、
お客様から、こんな質問が。

「あの、
 そばってぇ、
 酒をかけて食べた方が、
 うまいって、ホントゥ?」

ハッハッハッ!
そりゃあ、中には、
酒でもかけなければ食べられないようなそばも、
あるかもしれないけれど、、、
まあ、
そばはそば、
酒は酒で飲んだ方が、はるかにおいしいと思うよ。

昔から、そばと日本酒は付き物、
相性がいいといわれている。
酒を飲んで、
そばを食べる。
そうして、そばを食べてから、
また酒を飲み、
またそばを食べる。

今のように食べ物が豊富ではない時代には、
そんな食べ方、飲み方があったのだね。

ちょっと、想像してみよう。

たとえば、
故人となってしまった渥美清の演じる、
「フーテンの寅」さん。
その寅さんが、
ある地方の駅前のそば屋で、
上着を肩に引っ掛けて、
お銚子の酒をいただいている。

ちょうど、忙しい時間を過ぎたのか、
お客はまばらだけれど、
時々戸を引くお客に、
元気な花番の声がかかったりしている。

そんな店の片隅で、
一人で杯を口に運んでいる寅さん。
今しがた運ばれた「もり」を、
二三本、箸でつまんで、
汁もつけずに口に運ぶ。
そして、
お酒をすっと干す。

(あ〜あ、また振られちゃったなあ。)
そんなことを、心の中でつぶやきながら、
そばを二三本、
そして、杯の酒をぐいっ。

(そういえば、あの娘はどうしているかなあ。)
そばをズッ、酒をチビっ。
「あっ、お姉さん、お銚子お代わりね。」

そうして、一人、感慨に耽りながら、
ズッ、チビッ、ズッ、グイ、、、、。

あっ、そろそろ列車の出る時刻。
残ったそばでも食べるとするか。
って、そばはすっかり伸びきって、
箸でつまめば、底のせいろまで持ち上がってしまう、
すっかり、団子の状態。

そこで寅さんは、杯に底に残った酒を、
さっと、横振りにそばにかける。
そうして、ばらけたそばを、
今度は汁につけて、
ササッと、手繰るのだった、、、。

ということで、
そばに酒をかけて食べるのは、
そばの味を知り、
酒の味を知り、
人生の深さを知ってこそ、
味わえるものなのだ、、、、、

、、、と思っている。

って、
寅さんの映画に、
そば屋の出てくる場面ってあったっけ?
勝手に引用してごめんなさい。

ただ、
「うまい」とか「まずい」とかいう基準では、
量りきれない、そばの食べ方、
味わい方も、あるんだ。
そんなことも知っていただきたいなあ。

→→→人気blogランキング

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

畑のそばの花は勢いがいい、、、。

長野周辺では、
畑に植えられたそばの花はすでに盛りを過ぎ、
黒い実が目立つようになった。

ところが、
私の畑では、未だに花盛り。

Sobabatake
しばらく、草だらけにして、
何も植えなかったところに種を蒔いたので、
肥料は無いはずなのだが、
勢いはいい。
倒れたり、曲がったりしながらも、
一メートル以上の背丈があり、
次から次へと花を咲かせている。

しばらく収穫を行わなかった場所なので、
いわゆる地力があるのかもしれない。

その花の中で、
ハチやアブがブンブンと飛び回って、
花を受粉させてくれている。

たいした広さではないが、
実が出来たら、
料理に添える「そばの新芽」用の種に、
取っておこうと思っている。

えっ、
そばにして打ってみろって。
ははは、
粉にすれば、口の小さな私の、
ほんの、一口にもならずに終わってしまう、、
ぐらいにしかならないだろうなあ。

そうして、
改めて、そばの生命力の強さに感服。
だって、このそばの種、
5年ぐらい前に分けていただいた種の残りを、
封筒に入れたまま、
本棚の隅に置かれていたもの。

まあ、多分、
芽は出てこないだろう、
と思いながら蒔いてみたのだ。

蒔いた後に、
焼けるような日照りの日が半月も続いたせいもあり、
発芽する率は悪かったが、
このように、見事に育っている。

こういう、
そばの強い生きる力を、私たちは、
自分の命を支える食べ物として、
いただいているのだね。

 

→→→人気blogランキング

 

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

身を清めてきたそば屋の休日

遅ればせながら、やっと、
定休日と合わせて三日間の夏休みをいただいた。

皆さん、ありがとうございます。

休みといっても、
畑仕事をはじめ、
しなければいけないことがたくさんある。

ということで、
まずは、日頃の不信心を詫び、
身に付いた悪業、悪癖を振り払い、
お清めをいただくために、
ある神社にお参り。

Teteyama1
神主さんは太鼓を叩いて、
神様を呼び出し、
よく意味がわからないが、
ありがたい祝詞を朗々と唱えてくれる。
私たちは、小石の敷き詰められた、
社の前の狭い場所に座って頭を垂れ、
お祓いを受けるのだ。

世の中が平和でありますように。
お店にたくさんの方がみえて、
喜んでいただけますように。
このブログを読まれる方が、
健康で長生きされますように、、、

、、と、たくさんの願い事。

そうして、最後に、
ほんの一口だけれど、
神主さんに注いでいただいた、
お神酒をいただいた、、、、ああっ、うまい!
酒が、苦手のはずの私なのに。

この神社、
毎年大勢の方々が訪れるようだ。
それにしては、社殿がずいぶんと小さい。

それは、こんなところ。

Tateyama2
小さな岩の上に、
ちょこんと乗っているお社なのだ。
もう少し遠くから見ると、、

Tateyama3
さらに、
もっと遠くから見ると、、、

Tateyama4  
私が参拝したのは、
お隣の富山県にある、
標高3,003mの立山の雄山(おやま)山頂にある、
立山神社なのだ。
この山の山頂に立つには、
必然的に500円の拝観料を払って、
神社にお参りせざるを得ない。

Tateyama5

今は、
黒部アルペンルートがあって、
長野県側の大町から、
黒四ダム経由で、
標高2,450mの室堂まで簡単に行くことが出来る。

室堂からは、
2時間ほどで山頂まで登れるのだ。
(私たちは3時間近くかかったが)
夏の混雑シーズンには、
登山道に行列ができるとか。

Tateyama6
とはいえ、
かなり急な岩の間を登っていくので、
それなりの覚悟が必要。

神様に会うためには、
多分な努力が必要だと、
昔から考えられていたのだろう。

ということで、
3,000m級の山の空気と、
雄大な景色と、
神様のありがたき力によって、
身も心も清められた、、、
、、気のする、
そばの出てこない、そば屋の休日。

でも
やっぱりそばを出してしまおう。
黒部ダムのレストハウスにあった、
「くろよんそば」。
まあ、こういうのも面白いかも、、、。

Tateyama7

 

 

→→→人気blogランキング

 

 


| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

ロシアはそばの大消費国

たまたま、休みの日にテレビでやっていた、
第二次大戦の戦争ドキュメントに、
つい、目を奪われてしまった。

ヒットラーの率いるドイツ軍は、旧ソビエト領内に侵入し、
激しい戦いを続けていたそうな、、、。

で、クルクスというところで、
とてつもない戦車戦が繰り広げられた。

かたや、ドイツ軍の誇る、高性能で大型の、
タイガー戦車。
それに対抗する、小型ではあるが、
量産のできる、ソビエト製戦車。

それが、クルクス周辺の、
広大な草原で戦ったのだそうだ。

なんでも、ネットによれば、
史上最大の戦車戦だった、、、とか。

って、
そんな、戦車の、それぞれの特徴を生かした、
戦いかたに、つい、興味を奪われてしまった、、、
のも確かだが、
目を奪われたのは、ある映像だ。

ソビエト製の装甲を斜めにした小型の戦車が、
何台か連なって、草原の中を走っていく画面が最初に流れた。
当時の映像だから、もちろん白黒。
そうして、私の家のテレビは、
未だに、時デジも映らないブラウン管テレビ。

だから、
はっきりとは見えなかったのだ。

でも、草原に咲いているのは白い花。
そうして、どこかで見たような、
下から順番の花をつけていく、
弱々しい草。

そう、
私には、花の咲いているそば畑の中を、
戦車が走っていくようにみえたのだ。

この戦闘が行われたのは、
1943年の7月から8月。
クルクスというのは、緯度でいえば、
北海道よりももっと北にあるから、
その季節にそばの花が咲いていてもおかしくはない。

ということで、
気をつけて時々現れる当時の映像を見ていたのだが、
残念ながら、その後、
麦の刈り取りの後らしい場所はあっても、
そばの花らしい光景は出てこなかった。

あ〜あ、残念。
でも、最初に見た映像は、
本当にそば畑なのだろうか。

実は、旧ソビエト、いや、
今のロシアのそばの消費量は、
日本の十倍以上といわれている。
ロシアをはじめ、東欧諸国などでは、
けっこうそばが食べられているのだ。

もちろん、
食べ方は違う。
ずるずると長いそばをすするのではなく、
粒のままスープにしたり、
肉料理に添えたりされている。
粗く挽いた粉をクッキーやパンにして食べられているそうだ。

そばを栽培して食べるのは、
日本ばかりではないようだ。

それにしても、
ドイツとソビエトの戦いでは、
解像度の悪い我が家のテレビでは判断しかねるけれど、
花の咲いたそばが、
戦車によって踏みつぶされた可能性があるのかもしれない。

せっかく、
花が咲いている長野のそばも、
政治や、目先の利益のために、
踏みつぶされたりしないように願っている。

あっ、それに、
鹿さん、猪さん、熊さん、台風さん、
お手柔らかにね。

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

| | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

「普通のそばをください」?

さて、「かんだた」には、
ありがたいことに、遠くから来ていただくお客様も多い。
こんな路地裏まで、わざわざ足を運んでいただき、
感謝にたえないところ。

時々、店に入ってこられて、
メニューも見ずに、
こういわれる方がいらっしゃる。

「あの、
 普通のおそばをください。」

はい、普通のおそばですね、
ええと、普通のおそば、、、
普通のおそば、、、、
、、ん?
ちょっと待てよ。

皆さん、
「普通のおそば」で、
何を思い浮かべますか?

ここ長野では、
ナスといえば丸いナスが主流。
今では、長ナスもかなり浸透してきたが、
長野で「普通のナス」といえば丸ナスのこと。
これって、
他の地域では絶対に長ナスだよねえ。

長野で普通の味噌といえば「信州味噌」
ところが、名古屋地域では「赤味噌」。

関東で普通の醤油といえば「濃口醤油」
関西では「薄口しょうゆ」。

長野も含め関東の普通のかき氷は、
先にシロップを入れて、
その上から氷を載せたもの。
関西では、氷を載せて、
その上からシロップをかけたものが普通。

我が家で山のキノコといえば、
普通はジコボウ(ヌメリイグチ)のこと。
他の家では松茸が普通だったりして、、。

ということで、
「普通のそば」と言われても、
ひょっとして、お客様の思っているものと、
別のものをお出ししてしまうかもしれない。

長野で「普通のそば」といえば、
ざるそばのこと。
ざるそばとは言っても、
東京のように海苔はのせない。
山の竹で編んだ器に載せるので、
ざるそば。
つまり「ざるもりそば」のことだ。

かんだたでは、ざるは使っていないので、
「せいろそば」ということになる。

だから「普通のそば」というと、
「せいろそば」をお出しすることになるのだが、
ここで確認が必要。

実は、温かい「かけそば」が、
「普通のそば」と思われている方がいらっしゃるからだ。
特に西日本から来られるお客様に多い。

この夏の、暑い季節にも、
けっこう温かいそばをご注文された方もいらっしゃる。

だから「普通のそば」といわれた時には、
メニューを開いて確認が必要。
その方の住まれる地域などによって、
「普通」の意味が変わっているかもしれないからね。

ちなみに、
私はごく「普通の人間」と思っている。
世の中の人は、ほとんどの人が、
自分は「普通の人間」と思っているはず。

なんだか、単純そうで複雑な世の中なのだ。

 

→→→人気blogランキング

 

 

 

| | コメント (4)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »